X線CT及び光学式スキャンによるリバースエンジニアリングデータサービス

リバースエンジニアリングの概要

物からの設計をリバースエンジニアリングといいます。工業モデルや製品等の3DスキャンデータからCADモデルリングのリバースエンジニアリング

製品イメージの工業モデルをCAD化

既製品からの型用の製品モデル作成

職人の技を3次元CADデータベース化

完成品の形状評価、データベース化
製品構造解析・リバースエンジニアリング

リバースエンジニアリングの概要

リバースエンジニアリングの最新事例

機械部品の3Dデータ作成

現物の部品からデータ取得

取得データからCADモデリング

CAD製品モデルのリバースエンジニアリング

破損した機械部品を計測、CADモデリングで修正、CAD/CAMで製作、また調達が困難な部品を前もってCAD化しておき予備部品用のデータをフィードバック

事例の一覧へ、工業モデル、承認モデル、モックアップモデルなどのIT化

 

製品解析のリバースエンジニアリング

製品の構造解析用の製品データ取得

表面形状のデータ取得からCAD作成

機構部品のデータ取得からCAD作成

汎用構造解析、CAE、流体解析等対応

元データとの照合、カラーマップ評価

元データと実物データを重ね評価可能
リバースエンジニアリング技術

デジタル化CAD化元データ融合

三次元計測、解析用リバースエンジニアリングの詳細、製品の構造解析、形状評価などに必要なデータを実物より収集

製品設計のリバースエンジニアリング

微妙な変化が織りこまれた形状の設計
修正されたデザインモデルのCAD化
職人の技をリバースエンジニアリング

モデルから設計(モックアップモデル)
既成品からの設計(古い型の再製作)
自然物からの設計(石、岩、木、昆虫)

古い型からの設計(リバイバル商品等)

3DのCG画像からCADデータ作成

三次元測定、設計用リバースエンジニアリング詳細、実物から設計、実物をIT化、アナログをデジタル化

 

金型設計のリバースエンジニアリング

図面や製作データがない金型製作
既製品からの3DCADデータ作成

工業モデルリバースエンジニアリング
デザインモデルの3DCADデータ作成

木型、倣い型、石膏型をデジタル型へ

チュウニングの金型のデータ保存

リバースエンジニアリング技術

デジタル化CAD製品モデル作成へ

3Dスキャン、金型用リバースエンジニアリングの詳細、設計変更・修正された金型、すでに廃棄された金型などのCAD製品モデルを作成

美術・工芸・標本のリバースエンジニアリング

キャラクタ、フィギュア、彫刻レリーフ

レプリカ、ブロンズ、模造伝統美術工芸

文化財模写,展開オブジェ,モニュメント

仏像、ミニチュアキャラクター陶器

硝子瓶、販促品、記念品、岩石の標本

伝統物のリバースエンジニアリング

<例>造形建築物の縮小モデルCAD化

現物大の建築図面データに作成(DXF)

デジタイジング、美術工芸用リバースエンジニアリングの詳細、デザイナー、原型師が創作したモデルからCADデータ作成

 
  リバースエンジニアリングについて

 

 1、ホームページでヒアリング

 リバースエンジニアリング内容はHPを参考にしてください。

 ご不明な点は何なりとお問合せください。

 

 2、画像での概算お見積り

 お問合せホームでご連絡ください。

 画像添付用メールアドレスをお知らせいたします。

 画像を拝見してリバースエンジニアリング概算御見積りいたします。

  

 3、サンプルデータ

 サンプルデータが必要の場合お送りします。

 ご使用のCADソフトウェアーとの互換性をお試しください。

 

 4、御注文

 対象物をお送りください。

 愛知県豊橋市八町通五丁目11番地

 アポロ株式会社 CAD担当宛て

 

 5、三次元計測・測定・スキャン

 リバースエンジニアリングのデータ完成まで通常1週間から10日

 対象物が黒系の色、表面が光沢があるワークは染色浸透探傷剤を

 数ミクロン吹きつけます。データ採集後染色浸透探傷剤はエアーで

 除去します。ワークの表面の傷損などの影響はありませんが、

 対象物の傷、隙間などに入り込んだ部分に残ることがあります。

 

 6、リバースエンジニアリングのデータ処理

 各方向からのスキャニングしたデータを、専用のソフトウェアーで

 点群データ(ポイントデータ)を3次元形状に合成します。

 リバースエンジニアリングの現物との誤差精度は50μ前後。

 

 7、点群データからポリゴンデータ作成

 点を3点結び三角面のポリゴン面を作成します。

 ポリゴン面は、光造形、3Dプリンターなどのラピッドプロトタイピング

 などで使用することができます。

 

 8、ポリゴンデータからサーフェス面作成

 点を4点結びナーブスサーフェス面を作成します。

 サーフェスデータは、一般的なCADで使用できます。      

 

 9、ポリゴンデータからソリッド面作成

 点群データを元に引き出し、回転、ブーリアン演算などの、ソリッド

 モデリング作業でリバースソリッドデータ作成します。

 ソリッドデータはソリッド系のCADで使用できます。

  

 10、リバースエンジニアリングのデータ出力 

 サーフェスデータ(IGES)

  ソリッドデータ (X_T X_B STEP)

 リバースエンジニアリングのデータサービス

 現物を三次元CAD化、解析・設計・試作・金型等に利用

    

 

  点群・ポイント・座標点

  三次元計測データは点群データとして採集します。

  点群データは座標点の集合体になっています。

   点群データには面は存在しません。 

    

 

 

  ポリゴンデータ(三角パッチ面)

  点群データから点を結び三角パッチメッシュを作成します。

  ポリゴン面は、光造形、3Dプリンター等で利用できます。

   CG画像やゲーム等もポリゴンデータ使用されています。  

    

 

 

  リバースエンジニアリングのサーフェス及びソリッド

  点群データからライン抽出、領域エリアなどの特殊作業と

  従来のCADモデリング作業を取り入れてCADモデリング

  します。作成されたリバースモデルは一般の三次元CAD

  のCAD/CAM用データとして使用できます。

    

 

 

  リバースエンジニアリングリアルタイムに確認

  点群データとCADモデリングデータとの離れをカラーマップ

   でリアルタイムに確認しながらモデリング作業を行ないます。  

    

 

 

 

ATOS非接触光学式3Dスキャン

 

・計測する対象物に触れることなく表面状態と形状をポイントデータやポリゴンメッシュとして精密に表現して3D-CADのデータ化。

・複雑で繊細な対象物を細かく精密に3次元デジタイジングすることが可能です。デザイン・製品試作検査、製品開発に最適です。

・自動車部品、電気部品、鋳造品、鍛造品、射出成型製品、タービンブレード、プレス製品、金型などのリバースエンジニアリング。

・ATOSの工業向けのハイエンド非接触光学式3次元デジタイタイザーを利用したリバースモデル作成  
<詳細ページ>


    

 

 

X線CTスキャン(工業用

 

・測定の対象物にX線を放射、被検 査物 を透過、X線 検 出器 に入 射。入 射 したX線 は光に変 換 。変化 した電 気信号で計測。

 

・対象物を透過したX線量は被検査物のX線吸収率に応じて変化する。電 気信号変化を利用して全体の形状データを採取します。

・対象物の素材、サイズ、用途でX線発生装置を選択します。X線発生装置のスペック 225kV出力  450kV出力  600kV出力。 

・X線CTスキャンデータからCAD作成。リバースエンジニアリングモデルデータ出力形式、IGES X_B X_T STEP。<詳細ページ>

   

被検査物の現物をX線CTシステムにて内部までの形状データ採取 ⇒ ポイント(点群)データからCADモデリングでデータ作成  

 

 

点群データ

ポリゴンデータ

ポリゴンデータ
リバース
サーフェスモデル
リバース
ソリッドモデル
非接触式
三次元計測
接触式
三次元計測
工業モデル
現物をCAD化
リバースエンジニア
リングのソフトウェア
リバースエンジニア
リングの費用対効
部品の軽量化
省エネ化の流れ
X線CT
スキャニング
リバース
エンジニアリング
3D-CADデータ

リバース
モノづくり

  

 

リバースエンジニアリング
機設計から製造する一般の製造手順とは逆に、製品をスキャンしてデータをコンピュータに取込み形状、構造、仕組み、性能を調べ製品開発に取り入れる手法をリバースエンジニアリング技術といいます。製品の構造解析や設計した製品のモデルを使って強度や製品の特性を計算する解析システムCAEでの利用。製品の先行イメージとして作られたクレイモデルや、既に現物がある製品形状

をスキャンし、形状データをもとにCADデータを作成、金型製作などにリバースエンジニアリング技術が利用できます。