リバースエンジニアリング技術と美術工芸|3Dスキャン,3D測定,3D計測|実物をCAD化,現物からCADモデリング|

HOME美術用リバースエンジニアリング

美術工芸のリバースエンジニアリングのプロセス

フィギュアモデルのデータ化

スキャン・デジタイジング⇒

・手作りのモデル,原型、蝋型
・パーツ別にデータ化、型取

・詳細 

CADデータ作成(パーツ別)

・3DCADでモデリング
・機構部品のモデリング

・詳細 

CADデータ作成(全体合成)

フリーホーム等のソフトで作成した
ポリゴンデータからサーフェス作成
・詳細

データの出力(ファイル形式)

・サーフェス(IGES)(STEP)
・ソリッド(パラソリッド)
詳細 

クレイモデルのデータ化

スキャン・デジタイジング⇒

・手作りのモデル
・軟質(油粘土等)スキャン可能
詳細 ↓

CADデータ作成(パーツ別)

・3DCADでモデリング
・機構部品のモデリング

詳細 ↓

CADデータ作成(全体合成)

左右対象の場合(動物等)
片面からCADモデリング合成
詳細 ↓

データの出力(ファイル形式)

・サーフェス(IGES)(STEP)
・ソリッド(パラソリッド)

詳細 ↓

美術・工芸・文化財等のデータ化

3Dスキャン       ⇒

彫刻 レリーフ レプリカ
ブロンズ像 伝統美術工芸
文化財 模造 模写 詳細 ↓ 

CADデータ作成(1)

・模写用データ作成
・立体図用データ作成
・データベース化

CADデータ作成(2)

模写の建造物用データ作成
3D形状から断面ラインを抽出
建築用のDXFデータを作成

データの出力

・建築用2DCAD(DXF)
・光造形用(STL)
・3DCAD用(IGES)

■参考事例(クリックしてください)