リバースエンジニアリングで採集した形状データからソリッドモデルを作成します。

リバースエンジニアリングTOPソリッドモデルデータ

 ソリッドリバースモデル                 

 ソリッドとは

   ・中身の詰まったかたちを表現したものをソリッドモデルといいます。

   ・物体の体積や重さ、重心断面を表示等を求めることができます。   

   解折や 型のシュミレーション等に利用できます。

   ・中間ファイルに変換した時 壊れにくい安定したCADデータ。 
   ・境界精度が良い為 NCパス作成が速くできます。 
  

   ・干渉チェックが出来ます。

   ・ データの構成がシンプルで扱いやすいCADデータです。

 

   ソリッドのモデリングは、 フィーチャーやブーリアン演算などを

   利用してモデリングを行います。


   フイチャーモデリング

   フィーチャーモデルは特徴形状を使用したモデリングを言います。

   基本フィーチャーは、平面、直方体、球、円柱、円錐、直線、円弧、

   円などがあります。

       

   ブーリアン演算モデリング

   3次元CADにおいて、体積を持った形状同士の積、和、差の集合

   演算でモデリングする方法です。

 

   <和演算> 2個の形状と形状 を一体化する。

               

   <差演算> 2個の形状と形状の共通部分を取り除く。

            

 

   <積演算> 2個の形状と形状の共通部分を抽出する。 

            

 

   現物からリバースソリッドモデル作成

   現物形状データ取得点群データの編集ポリゴン面作成

   形状データを基にソリッド面作成ソリッドデータ出力

   ソリッド系のCADで使用できます。

 

   ソリッドモデル

   中身が詰まった塊のデータ

    

   フィーチャー

   採取した形状データからライン等を抽出、押し出し、切断

   回転、ミラー、面取り、孔明けなどのモデリング作業

    

 

   ブーリアン演算

   和演算、差演算、積演算などの集合演算を用いての

   ソリッドモデリング作業       

    

 

   リアルタイムに確認

   点群データとCADモデリングデータとの離れをカラーマップ

   でリアルタイムに確認しながらモデリング作業を行ないます。