リバースエンジニアリングで,製品解析|実物をCAD化,CADモデリング|

HOME解析用リバースエンジニアリング

解析用CADデータ作成のリバースエンジニアリングのプロセス

実物の3Dスキャンデータからサーフェスモデルを作成します。

サーフェスモデルとは

・表面のデータを持った面

・表面のみで中は空間

詳細 

サーフェスの内容

・曲率に沿った面データ

・綱状に連なった面データ

・細かい面で構成 詳細 

解析に利用できます。

・表面形状の解析

・形状の評価

詳細 

出力形式

・IGES(igs)

・STEP(step)

・ASC(asc) ・詳細 

実物の3Dスキャンデータからソリッドモデルを作成します。

ソリッドモデルとは

・中身の詰まった固体

・質量の情報を保持

詳細 

ソリッドの作成

スキャンデータから作成した面を密封し、隙間を埋めてソリッド形状を作成します。 詳細 

解析に利用できます。

・物体の体積

・重量、重心

・断面の表示 etc 詳細 

出力形式

・Parasolid(x_t) (x_b)

・Solid Works(prt .sldrt)

詳細 

製品の解析用データを作成します。

製品を3Dスキャン

製品の形状データ作成
ポリゴン面
サーフェス面
ソリッド面

モノづくりにおける解析ニーズ

・設計のCAD化で製品データのコンピュータ化が必要。

・机上計算では予測できない製品形状の性能予測。

・製品に対する性能が高まり、最良な設計条件の追求。

構造解析 衝撃解析 振動解析 流体解析  音響解析

応力解析 機構解析 圧電解析 疲労寿命評価解析

鍛造成型解析 機械工学 電気工学 電子工学 etc

主な解析のソフトウエアの例

・MSC Software

・I-deas(富士通)

・3CA(米国PlassoTech)

・PHOENICS(英国CHAM)

・COSMOSWorks ・etc

その他各ソフトウェアで利用可能です。

■参考事例(クリックしてください)