シリッコファンのCTスキャン

事例紹介

シリッコファンのリバースエンジニアリング

 ■板羽根が円筒形状に取り付けられている多翼送風機ファン、ダクトを通して排気するため騒音が少ない。
 ■光学式でスキャンできない入り込んだ構造のシリッコファンの形状データ採取にX線CTスキャンを利用。
 ■シロッコファンは大風量に適しており、空調、耐久性、振動、騒音の研究にリバースエンジニアリングの利用

シリッコファンのリバースエンジニアリングCADモデルデータ作成

 ■X線CTスキャンで採取した点群データから、特徴線を抽出、CADモデリング機能で三次元CADモデルを作成します。
 ■シリッコファンの現物から3次元CADデータを作成、各種CADで使用可能な、IGES、X_B、STEPで提供します。
 ■材質、サイズ、目的等によりX線CTスキャン装置を選択 <225kV出力 CT装置、450kV出力 CT装置、6MV出力 CT装置>

 

 ■シリッコファン、多翼送風機ファンのリバースエンジニアリング

お問い合せはこちら

0532-55-0007

お問い合せ

会社概要

社名 アポロ株式会社
住所 〒440-0806 愛知県豊橋市八町通五丁目11番地
事業内容 リバースエンジニアリング、3Dスキャン、3Dデジタイジング、3D-CAD