ターボファンの3Dスキャン

事例紹介

ターボファンのデジタル化

 ■ターボファンの羽根は理想的な空気の流れを創り騒音の発生を極力抑えるている。開発設計にリバースエンジニアリングデータの利用
 ■ポンプ、タービン、ファン、送風機、プロペラ、航空機エンジン等のソリューションによるターボ機械設計に3Dスキャンを利用
 シロッコ型は翼が短く枚数多い構造、ターボ型は翼が長く枚数少ない構造。ターボジェットエンジン前取付空気流量でパワー向上。
 
 ■ターボファン羽根の現物から3次元CADデータ作成、サーフェス系の出力共通フォマット提出 <形式>IGES
 ■ターボファン羽根の現物から3次元CADデータ作成、パラソリッド系の出力共通フォマット提出 <形式> X_B STEP
 ■参考料金 データ作成7万~15万円(形状、サイズ、データ内容により変動します)

 

 3Dスキャンデータ点群  点群を結びメッシュ作成  点群との誤差を確認しながらCADモデリング  3次元CAD提出

 ポンプ、タービン、ファン、送風機、プロペラ、遠心ファン、シロッコファン等のリバースエンジニアリング

事例一覧表に進みます

お問い合せはこちら

0532-55-0007

お問い合せ

会社概要

社名 アポロ株式会社
住所 〒440-0806 愛知県豊橋市八町通五丁目11番地
事業内容 リバースエンジニアリング、3Dスキャン、3Dデジタイジング、3D-CAD