バルブ型の3Dスキャン

事例紹介

バルブ型のデジタル化

 ■バルブの用途使用場所などユーザーの環境やスペックにあわせてカスタム製品が開発されています。
 ■地震対策の耐震型バルブやバルブを通過する流体を非圧縮性流体解析等にリバースエンジニアリングデータの利用。
 ■内部形状が必要の場合は、X線CTスキャンを利用します。現物を破壊することなく内外の形状データ採取します
 
 ■バルブの現物から3次元CADデータ作成、サーフェス系の出力共通フォマット提出 <形式>IGES
 ■バルブの現物から3次元CADデータ作成、パラソリッド系の出力共通フォマット提出 <形式> X_B STEP
 ■参考料金 データ作成7万~10万円(形状、サイズ、データ内容により変動)X線CT利用はプラス5万から50万円

 

 3Dスキャンデータ点群 ⇒ 点群を結びメッシュ作成 ⇒ 点群との誤差を確認しながらCADモデリング ⇒ 3次元CAD提出

 回転式アングルバルブ、玉形弁、定水位弁、ガスバルブ、フランジボールバルブ、グローブバルブ、ロータリーバルブ、オイルレス

お問い合せはこちら

0532-55-0007

お問い合せ

会社概要

社名 アポロ株式会社
住所 〒440-0806 愛知県豊橋市八町通五丁目11番地
事業内容 リバースエンジニアリング、3Dスキャン、3Dデジタイジング、3D-CAD