プラスチック部品の3Dスキャン

事例紹介

プラスチック部品のデジタル化

 プラスチック製品の射出成形部品やブロー成型などの製品設計開発に3Dスキャンデータを利用。
 ■プラスチック部品、材料選択や成形品の性質がポイント。強度や寸法精度によって製品の良し悪しが決定されています。
 ■プラスチック製品の冷却に伴って発生するヒケや空洞の変化を起こす性質を考慮した設計。
 ■プラスチック部品の品質と生産効率とのバランスを考え樹脂製品設計に現物の3Dスキャンとリバースエンジニアリングの利用。
 ■プラスチック部品の現物から3次元CADデータ作成、サーフェス系の出力共通フォマット提出 <形式>IGES
 ■プラスチック部品の現物から3次元CADデータ作成、パラソリッド系の出力共通フォマット提出 <形式> X_B STEP
 ■参考料金 データ作成4万18万円(形状、サイズ、データ内容により変動)X線CT利用はプラス5万から50万円

 

 3Dスキャンデータ点群 ⇒ 点群を結びメッシュ作成 ⇒ 点群との誤差を確認しながらCADモデリング ⇒ 3次元CAD提出

 自動車部品、電気機器部品、機械部品、OA機器部品、航空機部品、機構部品、建設機械部品、パイプ部品

事例一覧表に進みます

お問い合せはこちら

0532-55-0007

お問い合せ

会社概要

社名 アポロ株式会社
住所 〒440-0806 愛知県豊橋市八町通五丁目11番地
事業内容 リバースエンジニアリング、3Dスキャン、3Dデジタイジング、3D-CAD