ホイールの3Dスキャン

事例紹介

ホイールのデジタル化

 ■現物のリバースエンジニアリングデータとCADデータと比較することで抜き勾配等の相関関係を検証することができます。
 ■耐久性、振動や騒音を抑えた乗り心地の良さや運転のしやすさ、燃費規制の軽量化、アルミ材、ハイテン材など研究開発されている。
 ■現物の3Dスキャンからのリバースエンジニアリングデータは、金型復元、製品解析など目的に合せて利用されています。
 
 ■ホイールの現物から3次元CADデータ作成、サーフェス系の出力共通フォマット提出 <形式>IGES
 ■ホイールの現物から3次元CADデータ作成、パラソリッド系の出力共通フォマット提出 <形式> X_B STEP
 ■参考料金 データ作成5万~12万円(形状、サイズ、データ内容により変動します)

 

 3Dスキャンデータ点群  点群を結びメッシュ作成  点群との誤差を確認しながらCADモデリング  3次元CAD提出

 スチール製ホイール 、アルミ製ホイール 、マグネシウム製ホイール、カーボン製ホイール、スポークデザイン

事例一覧表に進みます

お問い合せはこちら

0532-55-0007

お問い合せ

会社概要

社名 アポロ株式会社
住所 〒440-0806 愛知県豊橋市八町通五丁目11番地
事業内容 リバースエンジニアリング、3Dスキャン、3Dデジタイジング、3D-CAD