モックアップモデルは

モノづくり現場では、試作以降で発生する手戻りをなるべく少なくするために,試作製品の現物をCADに取込みCAD(Computer Aided Design)を使って製品のデジタルな3次元形状データを作成し,実際に製品を作る前に可視化・シミュレーションする取り組みを進めています。ロボット,作業者など工場全体の振る舞いをコンピュータ上で検証できるDF(Digital Factory)も,ここ数年で急速に導入が進んでいる,こうした開発のデジタル化により,リバースエンジニアリングの技術の応用が進んでいます。

 

モックアップモデルのリバースエンジニアリング

① モックアップで修正された試作モデルをCAD化、CAD/CAM編集から型製作に移行が可能。

② モデルとスキャンデータの再現精度0.05範囲。

③ スキャンデータ参照して3DCADモデリングします。

④ ソリット形状でデータ出力します。(サーフェス又はパラソリット)

⑤ 樹脂試作モデル・光造型試作モデル・RP試作モデル・ワーキングモデル etc.

<参考例>精密機器のハウジング、シート、化粧便のキャップ、ゴム製品のモデル、ゴルフクラブモデル