リバースエンジニアリングのソリッドモデルは、

◆デザイン性が 重視される製品の筐体などにおいて、CADのソリッドモデルが多く利用されています。柔軟な自由曲面の形状の作成には、アナログのモデルを3Dスキャンし、スキャンデータからリバースモデルを作る方法が取り入れられています。◆リバースエンジニアリングのソリッドモデルは、点群データからラインを抽出してサーフェスメッシュを作成し、面の密封作業を行いソリッドモデルにします。◆受け渡しCADのソフトウェアのトレランスの違いによりソリッドにならないトラブルが発生する事があります。微調整して提出します。

①点群
②ポリゴン
③ライン抽出
④サーフェス
⑤ソリッドモデル

ソリッドモデルは、

■ソリッドモデルは、中身の情報を持った、中身の詰まったCADモデルです。

■立体面の集合体、CAD上で使われる立体表現の一つでの3DCADデータです。

■重心を求めたり、物体の体積や重さ、断面を表示したりすることができる。

■学術研究、工業製品の設計等の分野で使われることの多い方法です。

<参考例>

プレス金型
装飾品金型
金型
自動車部品
電気機器部品
スクリュー
船舶スクリュー
インペラ羽根
ミラー部品
ホイール
鋳型
インパネ部品
ハウジング
ゴルフパット
ガラス型