リバースエンジニアリングのCADモデリング

1、現物の3Dスキャンデータから特徴線、平面、稜線自由曲線等を抽出します。
2、モデリング機能及びフィチャ機能で円弧、フレット、角R、リブ、ボス、ボアなど定義してCADモデリング。
3、スキャンデータとCADモデリングの融合、カラーマップで精度を確認しながらCAD編集。
4、歪み変形等を補正《平面、平行、垂直、水平、円弧、曲率、抜き勾配等》
5、サーフェスメッシュ及びソリッドモデルを作成、共通フォーマットで出力します。
3Dスキャン点群データ ポリゴンデータに変換・円周 幾何形状抽出スキャンデータとの差の確認CADモデリング

CADモデリング
①3Dデジタイジングデータ ②ポリゴンメッシュ変換 ③特徴線抽出 ④特徴線抽出 ⑤CADモデリング
◆3Dスキャンデータから特徴線などを抽出して、従来のCADモデリング方式でサーフェス面を作成。
CADモデリング方式のため、後工程で、変更及びCAD編集が可能になります。CADの製品モデルとして利用できます。
すべて数値に置き換えて作成、対象物の変形などは再現されません。解析には不向きですが、型製作に適しています
パラメータ化されて数値データ化された各頂点の座標などの情報を計算処理作業で、物体の象が形成される。
◆押し出し、引き出し、回転、反転、延長、ミラー、トリム、カット、スイープ、ロフトなど基本的なCAD機能を用いて3D-CAD設計。
◆コンピュータ上で、立体データを作成リアルな立体表現を実現することができます。
ソフトウエアで計算するオート面とCADモデリングリング面
オート面とモデリング面の融合