木型の3Dスキャン

事例紹介

木型のデジタル化

 保存されている木型をデータベース化、モノづくりの I T 化に対応。
 構造解析、形状評価、製品CADモデル等に利用できます。
 製品設計、金型設計、試作等のCAD製品モデルを作成。
 ■木型の現物から3次元CADデータ作成、サーフェス系の出力共通フォマット提出 <形式>IGES
 ■木型の現物から3次元CADデータ作成、パラソリッド系の出力共通フォマット提出 <形式> X_B STEP
 ■参考料金 データ作成4万~8万円(形状、サイズ、データ内容により変動します)

 

 3Dスキャンデータ点群  点群を結びメッシュ作成  点群との誤差を確認しながらCADモデリング  3次元CAD提出

 木型
 外観の検討や機能の確認のためにつくられる原型。
 商品の外観デザインや使い心地、可動 部の検討用に用いられる。
 鋳型を作るのに用いる模型も、木型で作ります。
 木、金属、発泡スチロール、ウレタン、樹脂系ブロックを使用。
 木型職人の高度な技術と経験で木型は手作業で作られています。

お問い合せはこちら

0532-55-0007

お問い合せ

会社概要

社名 アポロ株式会社
住所 〒440-0806 愛知県豊橋市八町通五丁目11番地
事業内容 リバースエンジニアリング、3Dスキャン、3Dデジタイジング、3D-CAD