機械部品のCTスキャン

事例紹介

機械部品のリバースエンジニアリング

 ■機械や装置の本体部分の筐体と機械部品との干渉シミュレーションをパソコンで実施できる、実物部品のデジタル化。
 ■CADデータがない製作に、現物をスキャンして3次元CADデータを作成することにより製品・部品を生産できます。
 ■バースエンジニアリングは、開発にかかる時間とコスト圧縮、開発サイクル短縮、新製品を早期に市場投入できます。

機械部品のリバースエンジニアリングCADモデルデータ作成

 ■X線CTスキャンで採取した点群データから、特徴線を抽出、CADモデリング機能で三次元CADモデルを作成します。
 ■機械部品の現物から3次元CADデータを作成、各種CADで使用可能な、IGES、X_B、STEPで提供します。
 ■材質、サイズ、目的等によりX線CTスキャン装置を選択 <225kV出力 CT装置、450kV出力 CT装置、6MV出力 CT装置>

 

 ■省力機械、産業機械、工作機械、専用工作機械、各種部品のリバースエンジニアリング

お問い合せはこちら

0532-55-0007

お問い合せ

会社概要

社名 アポロ株式会社
住所 〒440-0806 愛知県豊橋市八町通五丁目11番地
事業内容 リバースエンジニアリング、3Dスキャン、3Dデジタイジング、3D-CAD