発泡スチロール容器の3Dスキャン

事例紹介

発泡スチロール容器のデジタル化

 ■容器形状の金型にビーズ入れて、蒸気で加熱を加えて膨らんだビーズが金型どおりの発泡スチロール製品になる。
 ■複雑な形状の発泡スチロール製品の製作に、試作など現物の3Dスキャンからのリバースエンジニアリングの利用。
 ■開発やリードタイムの短縮に、既成の製品の現物の3Dスキャンを利用されます。
 
 ■発泡スチロール容器の現物から3次元CADデータ作成、サーフェス系の出力共通フォマット提出 <形式>IGES
 ■発泡スチロール容器の現物から3次元CADデータ作成、パラソリッド系の出力共通フォマット提出 <形式> X_B STEP
 ■参考料金 データ作成3万~7万円(形状、サイズ、データ内容により変動します)

 

 3Dスキャンデータ点群  点群を結びメッシュ作成  点群との誤差を確認しながらCADモデリング  3次元CAD提出

 容器トレー、食品トレー、発泡スチロール箱、現物の3Dスキャンから3次元CADデータ作成

事例一覧表に進みます

お問い合せはこちら

0532-55-0007

お問い合せ

会社概要

社名 アポロ株式会社
住所 〒440-0806 愛知県豊橋市八町通五丁目11番地
事業内容 リバースエンジニアリング、3Dスキャン、3Dデジタイジング、3D-CAD