真空ポンプファンのCTスキャン

事例紹介

真空ポンプファンのリバースエンジニアリング

 ■真空蒸留、真空乾燥 真空冷却や各種機械装置のタンクなどの容器内から空気を吸引して、容器ないの真空を得るための真空装置。
 ■ケーシングと羽根車での一体形、大きな吸引力で真空を得るため、ケーシングと羽根車との隙間は極力狭くなっています。
 ■入り込んだ形状のため羽根車、ケーシング内の形状のデータ採取にCTスキャンを利用してリバースエンジニアリングデータ作成。

真空ポンプ部品のリバースエンジニアリングCADモデルデータ作成

 ■X線CTスキャンで採取した点群データから、特徴線を抽出、CADモデリング機能で三次元CADモデルを作成します。
 ■真空ポンプファンの現物から3次元CADデータを作成、各種CADで使用可能な、IGES、X_B、STEPで提供します。
 ■サイズ、目的等によりX線CTスキャン装置を選択 <225kV出力 CT装置、450kV出力 CT装置、6MV出力 CT装置>
 
 ■真空蒸留、真空蒸着装置、真空溶解炉、真空乾燥、 真空脱気、真空冷却; 医薬・食品等の真空装置の部品のリバースエンジニアリング

お問い合せはこちら

0532-55-0007

お問い合せ

会社概要

社名 アポロ株式会社
住所 〒440-0806 愛知県豊橋市八町通五丁目11番地
事業内容 リバースエンジニアリング、3Dスキャン、3Dデジタイジング、3D-CAD