自動車部品のCTスキャン

事例紹介

自動車部品のリバースエンジニアリング

 ■3 次元 CAD やコンピュータによって支援された、製品の設計などの電子メディアの導入が進んでいます。
 ■X線CTスキャンは部品を傷つけることなく精密部品の内部構造まで非破壊スキャンでデータ採取可能です
 ■日本の自動車部品サプライヤーは自動車部品、国産化率を80%、90%と高める努力が求められています。

自動車部品のリバースエンジニアリングCADモデルデータ作成

 ■X線CTスキャンで採取した点群データから、特徴線を抽出、CADモデリング機能で三次元CADモデルを作成します。
 ■自動車部品の現物から3次元CADデータを作成、各種CADで使用可能な、IGES、X_B、STEPで提供します。
 ■材質、サイズ、目的等によりX線CTスキャン装置を選択 <225kV出力 CT装置、450kV出力 CT装置、6MV出力 CT装置>

 

 ■エンジン、ミッション、ステアリング、ターボチャージャー、排気系部品、ボデー部品、内外装部品、リバースエンジニアリング

事例一覧表に進みます

お問い合せはこちら

0532-55-0007

お問い合せ

会社概要

社名 アポロ株式会社
住所 〒440-0806 愛知県豊橋市八町通五丁目11番地
事業内容 リバースエンジニアリング、3Dスキャン、3Dデジタイジング、3D-CAD