車体部品の3Dスキャン

事例紹介

車体部品のデジタル化

 ■車体には複雑な自由曲面で構成、モックアップ等デザイン検証、プレス製品の生産等にリバースエンジニアリングが貢献します。
 ■クルマのデザインコンセプトを検討、デザインイメージを3Dスキャン等を利用して立体化、技術課題をクリアして3次元データ化。
 ■試作を製作して精度を確認、シミュレーションと実験で性能を評価などの効率の良い生産ラインを構築に現物からのデジタル化。
 
 ■車体部品の現物から3次元CADデータ作成、サーフェス系の出力共通フォマット提出 <形式>IGES
 ■車体部品の現物から3次元CADデータ作成、パラソリッド系の出力共通フォマット提出 <形式> X_B STEP
 ■参考料金 データ作成5万~20万円(形状、サイズ、データ内容により変動します)

 

 3Dスキャンデータ点群  点群を結びメッシュ作成  点群との誤差を確認しながらCADモデリング  3次元CAD提出

 自動車車体部品、ボンネット、バンパー、フェンダー、サイドシル、ボディ、シャーシ、3Dスキャンとリバースエンジニアリング

事例一覧表に進みます

お問い合せはこちら

0532-55-0007

お問い合せ

会社概要

社名 アポロ株式会社
住所 〒440-0806 愛知県豊橋市八町通五丁目11番地
事業内容 リバースエンジニアリング、3Dスキャン、3Dデジタイジング、3D-CAD