鋳型の3Dスキャン

事例紹介

鋳型のデジタル化

 ■鋳型の主型、中子、模型の合わせ方が多種多様の種類。
 ■現物型を3Dスキャンでデジタル化して更新型のデータベース作成。
 ■外びき用、中びき用、上型、下型、などの模型のデジタル化
 
 ■鋳型の現物から3次元CADデータ作成、サーフェス系の出力共通フォマット提出 <形式>IGES
 ■鋳型の現物から3次元CADデータ作成、パラソリッド系の出力共通フォマット提出 <形式> X_B STEP
 ■参考料金 データ作成5万~15万円(形状、サイズ、データ内容により変動します)

 

 3Dスキャンデータ点群  点群を結びメッシュ作成  点群との誤差を確認しながらCADモデリング  3次元CAD提出

 ハウジング、ねずみ鋳鉄、バルブ、機械部品、自動車部品、車両部品、重機部費等の現物からのリバースエンジニアリング

 鋳物
 最新の切削機械でも、切削加工工具の届かない複雑形状部品は、ブロック材からの削りだしによる機械加工が不可能。
 そのため昔ながらの砂型鋳造方法などが用いられています。鋳物製作しは鋳造用模型が必要。 3次元CADで作成された
 図案から光硬化性樹脂や各種粉末素材などを用いて、迅速に形づくるラピッドプロトタイピング等で作られています。

お問い合せはこちら

0532-55-0007

お問い合せ

会社概要

社名 アポロ株式会社
住所 〒440-0806 愛知県豊橋市八町通五丁目11番地
事業内容 リバースエンジニアリング、3Dスキャン、3Dデジタイジング、3D-CAD