鋳造用中子型の3Dスキャン

事例紹介

中子型のデジタル化

 保存されている木型をデータベース化、モノづくりの I T 化に対応。
 ■CAE,コンピュータシミュレーション.「中子」の造形シミュレーション等に3Dスキャンデータ利用。
 中子のモデル作成、製品設計、金型設計、試作等のCAD製品モデルを作成に3Dスキャンデータ利用。
 
 ■中子型の現物から3次元CADデータ作成、サーフェス系の出力共通フォマット提出 <形式>IGES
 ■中子型の現物から3次元CADデータ作成、パラソリッド系の出力共通フォマット提出 <形式> X_B STEP
 ■参考料金 データ作成7万~8万円(形状、サイズ、データ内容により変動します)

 

 3Dスキャンデータ点群  点群を結びメッシュ作成  点群との誤差を確認しながらCADモデリング  3次元CAD提出

 中子
 ■中空の鋳物を作る際に、中空となる部分に入れる鋳型。
 ■砂でできた中子を金型の中へセットして鋳造すると、流れない空間ができる。
 ■後工程で中子を壊して製品の外へ排出することで、中空構造の鋳物ができる。
 ■エンジンのシリンダーヘッドに給排気ポートやウォータージャケット など鋳造に利用。
 ■中子は、ほろ砂、油砂、川砂と粘土、ケイ砂を主の各種粘結剤を配合した砂を使用。

 

お問い合せはこちら

0532-55-0007

お問い合せ

会社概要

社名 アポロ株式会社
住所 〒440-0806 愛知県豊橋市八町通五丁目11番地
事業内容 リバースエンジニアリング、3Dスキャン、3Dデジタイジング、3D-CAD