3Dスキャンと物づくり

物づくりの3Dスキャンプロセス
①対象物の全体を3Dスキャニング、3D点群(ポイント)データ採取、共通ポイントシールでデータ全体を合成。
②点群ポリゴン編集でノイズを削除、点群の適正化、点群からポリゴンメッシュ生成。
③稜線、メッシュ上の特徴線等を抽出、3次元CADリバースモデリング、サーフェス作成、密封ソリッド作成。

リバースCADモデリング

スキャニングから
特徴線抽出
CAD作業
延長、カット
CAD作業
稜線出し
CAD作業
フレット
CAD出力
IGES、X_B、STEP
3Dスキャンの活用
サプライチェーン再構築デジタル化 ◆サプライチェーンによる金型再製作 ◆部品国産化ライフサイクル物作り
◆国内回帰、ロボット化デジタルデータ ◆更新型製作用の金型の3Dデータ化 ◆職人の技を3次元デジタル化
◆密封された部品の内部データ採取(X線CTスキャン) ◆鋳巣、空洞等の素材内部欠陥調査(X線CTスキャン)