3次元コンピュータグラフィックスのCAD化

3D-CG

絵画、図形、線画、グラフ等の作画を、コンピュータ上で立体空間の情報を生成し、実際には無いが、仮にあるものと考えてみる仮想的な3次元の世界を投影した3次元画像。3次元の点群座標の上に置かれた点を頂点として仮にあるものとする立体を構築します。質感を得るために、コンピュータグラフィックに光をあて、光源の位置や光の強さなど調整して立体を再現させます。パソコンで演算を行う演算装置によって3次元の仮想的な立体物を平面上に投影し質感のある画像を構成、奥行き感のある画像ができます。ソフトウェアーの発達と性能向上により、コンピュータゲームや映画等で多く使用されるています。

3DCGの仮想立体物を製品化するには、仮想の立体画像を3DのCADデ-タに変換が必要になります。立体のCGの構成はポリゴンデータが基になっています。このポリゴンデータからCADモデリングの基本となる、稜線やラインを抽出して、3D-CADモデリングすることができます。モデリングされたCADデータを利用して、金型設計を経てから量産ができます。

3D-CGの3D-CADデータ化
3DCGソフトウェアの形状の制作を行う工程のモデリングに用いるモデラーで制作したCGデータから三次元CADを作成します。

1、モデラーで制作したCGデータ。

2、OBJ形式データ STL形式データからポリゴン編集。

3、ポリゴンデータから三次元CAD面を作成

4、3次元CADデータ出力形式  IGES・X_T・X_B・STEP・ソリットワークス

5、3次元CAD/CAMからNC加工で型製作ができます。

STLデータ ⇒ ポリゴンメッシュから3次元CAD作成
    

<参考例>