3Dスキャンを利用したモノ作り

三次元スキャナーを利用して設計から製造、メンテナンスまでのプロセスチェーン全体で重要なアイテムになります。

・研究開発の短縮
・生産プロセスの短縮
・製品ライフサイクルの高レベルな品質保証

研究開発と生産プロセス全体において貢献できます。

リバースエンジニアリングやラピットプロットタイピングのような用途に必要とされています。

板金、金型、鋳造品、射出成型品、タービンブレード、試作品などの工業のデジタル化と検査・解析作業に利用されます。