3Dスキャンの基本原理

1、スキャンする対象物上の明暗のランダム模様をソフトウェアで画像処理を行います。

2、画像相関法の原理を用いてパターンマッチングにて変形前後の同一座標点を特定。
 

3、複数画像1単位として、それぞれの変化量から歪、量などの変位量を算出。

4、静止した対象物の変形過程を連続撮影。
 

5、人間の目と同様に左右2個の高感度カメラを使いステレオ法を用いります。
 

6、パソコン上に3次元形状の計算結果を表すことができます。
 

7、3Dスキャンデータから3次元CADデータ作成します。

HOMへ