トヨタ自動車、小型車を東北で生産、そして変わるPayのかたち

トヨタ自動車、小型車を東北で生産、そして変わるPayのかたち

トヨタ自動車は小型車の生産を日本の東北を拠点に強化することが2019年9月末報じられました。
拠点は宮城県でトヨタ自動車東日本に小型車の生産力が強化されていくといいます。

小型車といえばスズキ自動車ですが、トヨタとスズキは資本提携を結んでいます。
国内の経済の状況や規模を考えると、コンパクトカー、いわゆる小型車にスポットが当てられることは当然のことかもしれません。

眼を転じてみると、アジア、東南アジア地域では、クルマやバイクの消費に各国や地域で特徴があります。
インドなどでは、スズキの小型車が人気があると報じられたりしています。
また、台湾などでは朝の時間帯にスクーター・バイクの渋滞が観光スポットとしてテレビで報じられていたりします。
自動車、自動二輪車の製造の分野が今後どうなるかは、貿易摩擦や国際的な経済などの影響で未だにはっきりとは見えません。
(2019年9月末執筆現在)

ただ、生活や経済の規模で消費の選択は自然と分かれてくるので、アジア・東南アジアの動向は製造の分野ににとっても最重要であると考えられます。
仕事の収入の規模によって、特にクルマや自動二輪車などは製品購入の選択肢が明確に現れてくると考えられます。
日本国内では、トヨタがサブスクリプション(定額制)サービスでのクルマの利用サービスも始めています。

身近なことから感じ・考えること
筆者は身近なところでは、自分のiPhoneのiOSをiOS1に更新したばかりです。
そのiOSに自動的にApple Payの登録を勧められるのですが、まさに2019年9月末現在以降はPayのかたちがまた大きく変わっていくのではないかと感じます。
Payのかたちが変わる流れの中にクルマに関する消費のかたちやトレンドが定まってくると考えられます。
直近ではZOZOがヤフーに買収されることが大きなニュースで報じられました。
Payのかたちを考えることは現在の人にとって重要な大仕事の1つとなっているかもしれません。
クルマの消費者がサブスクリプション制サービスの利用を選ぶか、所有型のクルマを選ぶかは自由だと思います。
それでも日本国内で小型車の製造を東北を拠点にトヨタが進めることはやはりものづくりの大きなニュースの1つではないかと考えられます。

参考事例一覧へ >

お問い合せはこちら

0532-55-0007

お問い合せ

会社概要

社名 アポロ株式会社
住所 〒440-0806 愛知県豊橋市八町通五丁目11番地
事業内容 リバースエンジニアリング、3Dスキャン、3Dデジタイジング、3D-CAD