開発持続可能なエネルギーに向けて

開発持続可能なエネルギーに向けて

持続可能なエネルギー、再生可能エネルギーへの代替を考える人々が増えてきています。
石油を販売するエネルギー供給の会社も温暖化ガス削減や、再生可能エネルギーの導入、
脱炭素社会に向けた具体的な取り組みは避けられない環境目標となっているようです。
コンビニエンスストアのセブンイレブンはアメリカでの店舗網獲得のために
アメリカのガソリンスタンド兼コンビニエンスストアの店舗事業を買収しました。
セブンイレブンは国内でレジ袋の有料化の取り組みや
フードロス削減のための5%ポイント付与などの取り組みをしています。
単純に店舗網獲得のための買収ですが、ついでに買い取ったガソリンスタンドとしての運用の中身はセブン流の改革が起こる可能性・期待もあります。

日本では北海道や東北の日本海側が洋上風力発電の適地とされています。
2012年、2013年頃日本でも太陽光発電が非常に積極的にうたわれていました。
しかし2020年現在に至ってみると太陽光発電のための装置や装備製品は多くMade in Japanではなくなってきているといいます。
いつの間にか価格の安くて品質の良い海外製の太陽光発電装置が普及しているようです。

規制の問題
2020年今年になって、電力供給の送配電網での送電の優先順位を変えようという動きが始まっています。
従来の発電、石炭火力などよりも再生可能エネルギーの送電を優先しようという内容です。
電気料金の中身まで影響を与えていくと考えられるため、改革は慎重に進めたいのではないかと推察されます。
電力の問題は人間の安全と健康維持、環境問題への配慮が欠かせません。
ただ脱石油依存、脱炭素は国際的な喫緊の課題の1つです。
Appleなどの進んだメーカーは再生可能エネルギーによる工場・店舗運営を100%実現させようとしています。
こうしたトレンドは国際的に進むと考えられます。
日本国内の場合、太陽光発電だけでは再生可能エネルギー生産は足りません。
気候危機がうたわれている昨今、再生可能エネルギー導入、脱炭素社会は喫緊の構築課題となってきています。

参考事例一覧へ >

お問い合せはこちら

0532-55-0007

お問い合せ

会社概要

社名 アポロ株式会社
住所 〒440-0806 愛知県豊橋市八町通五丁目11番地
事業内容 リバースエンジニアリング、3Dスキャン、3Dデジタイジング、3D-CAD