AppleのWWDC2020を見て

AppleのWWDC2020を見て

2020年6月23日午前2時(日本時間)からWWDC2020が開催されました。
今年は新型コロナウィルス対策のため無観客での動画が配信されました。
Appleの各種製品OSの新しい内容が紹介されました。
そして後半にMacに関するプレゼンテーションがありました。
今年の秋からAppleが自社設計したCPUをMac機種に搭載していく計画であることが発表されました。
これはものづくり製造業の今年のビッグニュースとなりそうです。
Appleは自社のMacのCPUチップを「Apple Silicon」と命名しました。

CPUについて
CPUは近年ずっとより低消費電力で高機能であることが良しとされています。
厳密に言えば、より微小なプロセスルール(設計)で低消費電力で高機能であることが専門家の方々によって追及されています。
クロック周波数がパワフルだったり、省エネだったり、IntelのApple製品Macbook Proに搭載されてきたCPUも試行錯誤を繰り替えされてきています。
これはAppleの自社設計のCPU開発も同じ目標であることに変わりはないようです。
Intel製のCPUチップを採用してきたAppleがついに自社設計のCPUチップを採用していくようです。
IntelのPC向けCPUは14nmプロセスルールで微小化が止まっています。
他方でAppleはiPhoneやiPad Proなどに自社設計のチップを開発し搭載して進化させ続けてきました。
最新のiPhoneやiPad ProのチップやプロセスルールはIntelのチップの微小化を上回る微小化がなされ、かつ高機能です。
ITのものづくりの世界がこれからまた大きく変わろうとしているようです。
CPUやGPUはPCの能力を左右する大切なチップです。
AppleがCPUなどの主要チップを自社設計することで独自に生み出したい性能をより引き出せて進化できるのではないかと期待されます。
筆者としては自社設計のチップを搭載させたリニューアルなMacが非常に楽しみです。

参考事例一覧へ >

お問い合せはこちら

0532-55-0007

お問い合せ

会社概要

社名 アポロ株式会社
住所 〒440-0806 愛知県豊橋市八町通五丁目11番地
事業内容 リバースエンジニアリング、3Dスキャン、3Dデジタイジング、3D-CAD