リバースエンジニアリング,光造形のデータをCAD化|3Dスキャン,3D測定,3D計測|実物をCAD化,現物からCADモデリング|

三次元測定測定・計測

  ポリゴン面からCADデータ作成の内容

 


 STL形式データ(ポリゴン面)からサーフェス作成

 1、フリーホーム等のソフトで作成したデータをCAD化

 2、自由曲形状は半オートの面、機構部分はモデリング面、両方を融合します。

 3、サーフェス面を作成。出力フォマット形式 igs  一般のCADで使用できます。

 4、ソリッド面を作成。パラソリッド出力 X_T X_B  ソリット系CADで使用できます。

 5,光造形のデータ(STL形式)をCAD化することで、製作範囲が広がります。

 

 ATOS非接触式光学式3次元スキャン⇒ポリゴンデータ作成

  

 

 STL形式データ

 ポリゴンデータをデータを保存するファイルフォーマットです。
  海外では、Stereolithography(ステレオリソグラフィー)と呼ばれます。
  3Dプリンター、光造形、切削加工機などにも出力が可能です。