あれこれ

電磁バルブ

電磁バルブ(でんじバルブ、Solenoid Valve)、電磁石の力を利用して流体の流れを制御するバルブです。電磁バルブは、自動化されたシステムでよく使用され、水、油、ガスなどの流体をオン・オフする役割を果たします。 電 […]

続きを読む >

復刻製品

復刻製品(ふっこくせいひん)とは、過去に販売されていた製品を再度生産・販売することを指します。これには、特定の時代やブランドの製品を現代に再現する場合や、人気があったために再販売される場合などがあります。 デザインの再現 […]

続きを読む >

意匠モデル

意匠モデル、デザインや設計の過程で使われる概念やツールであり、製品の形状、パターン、色彩などの外観に関連するデザイン要素を具体化するものです。意匠モデルは、製品や建築物、グラフィックデザインなど、さまざまな分野で活用され […]

続きを読む >

タービンブレード

タービンブレード、ガスタービンエンジンや蒸気タービンエンジンなどの回転機械の重要な部品です。 構造と機能 形状: タービンブレードは、流体力学的に最適化された形状を持ち、流体(空気や蒸気)の流れを効率的にエネルギーに変換 […]

続きを読む >

鋳造の模型

鋳造の模型(キャストモデル)は、金属や他の素材を鋳型に流し込んで成形するプロセスで使用される模型のことを指します。鋳造は、古代から使われてきた製造技術であり、現代でも広く利用されています。鋳造の模型にはいくつかの種類があ […]

続きを読む >

伝動装置

伝動装置(でんどうそうち)とは、動力源から機械へ動力を伝達するための機械要素や機構の総称です。伝動装置は、エネルギーの形態を変えたり、回転数やトルクを調整したりする役割を持ちます。 歯車装置(ギア): 歯車減速機:入力軸 […]

続きを読む >

プロトタイプモデル

プロトタイプモデル、いくつかの重要なトレンドによって 2024 年に大きな進歩を遂げます。 AI と機械学習: 人工知能 (AI) と機械学習は、プロトタイピング プロセスにますます統合されています。これらのテクノロジー […]

続きを読む >

レプリカ

レプリカ製作は、オリジナルの作品や物品の正確な複製を作成するプロセスです。 1. オリジナルの分析 調査と計測: オリジナルの物品を詳細に調査し、寸法、形状、素材、色などの情報を収集します。場合によっては、3Dスキャニン […]

続きを読む >

工業デザイン検討モデル

工業デザイン検討モデル(Industrial Design Evaluation Model)、製品のデザインプロセスにおいて、その機能性、ユーザビリティ、製造可能性、美学、持続可能性などを評価するための枠組みやツールセ […]

続きを読む >

既成製品からのリバースエンジニアリング

既成製品からのリバースエンジニアリングを行う際には、以下の注意点を考慮する必要があります: 1. 法的問題 知的財産権の侵害: 特許、著作権、商標などの知的財産権を侵害しないよう注意が必要です。特にソフトウェアの場合、逆 […]

続きを読む >

SiCパワー半導体

SiC(シリコンカーバイド)パワー半導体は、次世代のパワーエレクトロニクスにおいて重要な役割を果たす技術です。以下はSiCパワー半導体についての主要なポイントです。 特徴と利点 高温動作: SiC半導体は、シリコン(Si […]

続きを読む >

放熱シート

放熱シートは、電子機器や電力装置の熱管理に使用される重要なコンポーネントです。これらのシートは、発熱部品から効率的に熱を放散させ、機器の過熱を防ぐ役割を果たします。 1.材料の選定 ・熱伝導率:放熱シートの最も重要な特性 […]

続きを読む >