ゴリラガラスについて2019.03.15 ブログ


(画像、イメージ)

筆者は先日友人から、自分の「スマホのゴリラガラスに亀裂が入ってしまった」とこぼしているのを聞きました。
友人が持っているのはZenfoneなのですが、確かに亀裂が入っていました。
話を聞くとスマホがパンツのポケットに入っている状態で相当無理なことをしてしまったそうです。
その時スマホを傷めてしまったそうです。

コーニングについて
「ゴリラガラスはコーニングというアメリカの会社が生産しています。
コーニングという会社は、アメリカのニューヨーク州に本社を置く世界最大級のガラス製品メーカーです。
現在の主力製品は液晶ディスプレイ用ガラスパネル、望遠鏡ガラス、光ファイバーなどです。」
(「」、コーニング Wikipediaより引用)

ゴリラガラスについて
「ゴリラガラスはコーニングというメーカーによって開発された特殊ガラスの名称です。
後に改良され、ゴリラガラス2、3、4へと進化しています。
素材はアルカリアルミノケイ酸塩の素材を使用しています。
ゴリラガラスは高い透明度と強度を誇っています。
特に強度はプラスチックの数十倍と言われ、衝撃や傷に耐えることが可能です。
主としてスマートフォンやタブレット製品にゴリラガラスが採用されています。

ゴリラガラスは強化ガラスの一種です。
元になるガラス素材は約400度で溶融されたカリウム塩に浸されます。
するとガラス表面の小さなナトリウムイオンが溶融塩内の大きなカリウムイオンに置換されます。
大きなカリウムイオンは小さなナトリウムイオンより大きな体積を占有し、冷却された際に圧力を生じます。
これによってカリウムイオンはガラスのより深い部分にまで浸透し、強い圧縮応力を有する表面積がガラスの深くまで形成されます。
この表面層が傷を防ぎます。

ロータスガラスについて
2012年にはコーニングとサムスン電子がロータスガラスを製造するためのジョイントベンチャーを発表しました。
ロータスガラスはゴリラガラスと相補的に用いられる次世代の素材です。
より高解像度でより素早い応答速度の液晶画面のために必要な素材の高い寸法的・熱的安定性を実現できます。
電子機器の外装に採用されるゴリラガラスとは違って、ロータスガラスは液晶パネルのガラス基板用に製造されます。
つまり、1つの製品にゴリラガラスとロータスガラスの両方を採用することも可能となります。

コーニンングのゴリラガラスはスティーブ・ジョブズ氏によって、2007年6月に発売されたiPhoneに採用されることにもなっています。」
(「」ゴリラガラス Wikipediaより引用)

ディスプレイは、OLED(有機EL)やOLEDだけでない液晶に代わる次世代の仕様が開拓されている最中です。
今のところ未だにディスプレイ仕様はどれが安泰とは言えない状況になっています。
筆者はポジティブに次世代仕様に期待したいと考えています。

詳しく見る

アイシンエィダブリュとアイシンAIが経営統合2019.03.08 ブログ


(画像、イメージ)

アイシンエィダブリュとアイシンAIは経営統合することになりました。
アイシンエィダブリュはAT(オートマチックトランスミッション)とカーナビゲーションシステムの開発・製造をしている会社です。
アイシンAIはマニュアルトランスミッションを開発・製造してきた会社です。
トランスミッションは変速機といって長年、内燃機関エンジン搭載の自動車の製品の中で活躍してきている製品です。
どちらも自動車関連の製品製造に携わるメーカー企業です。
自動車の未来の電動化のトレンドに合わせて経営統合をすることになったのではないかと考えられます。
2019年4月にアイシンエィダブリュとアイシンAIが経営統合され、アイシンエィダブリュが存続会社、アイシンAIが消滅会社として統合されることが2018年12月に発表されています。

トランスミッションの生き残りについて
現段階(2019年1月上旬現在)で発売されているEV電気自動車にはトランスミッションが搭載されていません。
ですが現段階で発売されているEV電気自動車には長距離走行や馬力など、まだまだ課題があるといった面も少な
からずあります。
トランスミッションについては今後の製品への搭載、生き残りにかけてさまざまな工夫や検討がなされていくも
のと考えられます。
HVハイブリッド自動車製品で生き残っていきながら、そのうちに電気自動車の駆動に対応した設計や製品アイデ
アが生み出されてくるのではないかと考えられます。
欧州などでは、まだまだマニュアルトランスミッションを好む自動車ユーザーの方も多くいらっしゃいます。
自動車の部品や搭載製品には乗用車としてさまざまな環境下で長く使える長年の多くのノウハウがそれぞれに蓄
積されてきていると考えられます。
そうした蓄積された部品や製品たちの知恵を、かたちは変わるとしても上手に生き残りをさせていかなければな
らないのではないかと考えます。
オートマッチックトランスミッションとマニュアルトランスミッションの専門メーカーが一緒になるということ
は自動車の製造の世界にとっては大きなニュースではないかと考えられます。
最近はクルマ関係の大きな製造メーカーが組織の変革をしています。
たとえクルマの未来が電動化によって様変わりするとしても、それでもどうしても欠かせない部品や製品の可能
性は多くあると考えられます。

詳しく見る

CES 2019について2019.02.22 ブログ


(画像、ラスベガスの夜景)

アメリカ・ネバダ州、ラスベガスでCES(コンシューマーエレクトロニクスショー)2019が2019年1月8日から11日まで開催されました。

クルマについて
注目を集めたのは新しい未来のクルマの展示でした。
クルマの老舗メーカーだけでなく、パナソニックなども新しい概念のクルマを展示し開発をアピールしていました。
パナソニックはパナソニック オートモーティブ&インダストリアルシステム社という会社がグーグルとクアルコムと協業しています。展示された製品はグーグルのAndroid Pを搭載したものでした。

トヨタ自動車は自動運転技術、高度安全運転支援技術「ガーディアン」を発表しました。
製品としては、TPI-P4という新型の自動運転実験車をも展示していました。
プレゼンテーションに登場したのはトヨタリサーチインスティテュートCEOのギル・プラット氏でした。
トヨタはCES2019の前に2019年秋以降のレクサスの新型車に4G LTE通信機能を搭載することを発表しています。
コネクテッド化へ向かう方針には変わりないようです。
去年のCESのトヨタの発表よりも今年のCES2019の発表のほうが、普通自動車の自動運転への具体的な開発の進行状況を示す内容となっていると感じられました。
車については機械工学的な技術のノウハウや財産とも言える部品や製品があり、それの上に新しいクルマが開発・生産されていくことも大事ではないかと筆者は考えています。

インテル
インテルはCES2019で、2019年後半に5Gモデムを、プロセッサの次世代技術として10nmプロセスルールのプロセッサを製造していく計画であることを発表しました。

クアルコム
クアルコムの展示は次世代通信の5G通信端末の展示がされ、話題となっていました。

改めて考えたこと
アップルのiPhoneは2018年後半にリリースしたiPhoneXS、iPhoneXS Max、iPhoneXRの生産計画を下方修正することが2019年1月に報じられました。このiPhone新機種3種は7nmのプロセスルールで製造されたチップでできています。
クアルコムも7nmのプロセスルールのプロセッサを設計、受託生産メーカーに生産実現させています。
中国のスマホメーカーでも7nmのプロセスルールのスマホ開発が進んでおり、テクノロジーの進化は着実に進行している模様です。

詳しく見る

IFA2018について2019.02.15 ブログ


(画像、ベルリン中央駅)

IFAとは国際コンシューマ・エレクトロニクス展「Internationale Funkausstellung」の略称IFAのことをいいます。
毎年9月にドイツ・ベルリンで開催されているCESと並ぶ世界最大の家電見本市です。
ちなみにCESとはアメリカのネバダ州ラスベガスで開催される「Consumer Electronics Show」の略称です。

2018年もIFA2018がドイツ・ベルリンで開催されました。
会期は2018年8月31日から9月5日まででした。
このIFA2018では家電からロボットまで、それからスマホ・PC・AV機器などが展示・発表されました。
この記事では筆者が興味を示したモノの情報について書いてみることにします。

IFA2018 スマホ
IFA2018で日本のメーカーのスマホ機種も発表されました。
ソニーはこのIFA2018でスマホ新機種XperiaXZ3を発表しました。
この製品は画面が有機ELディスプレイのスマホです。
SHARPもOLED(有機ELディスプレイのことを「OLED」とも呼びます)の新機種を発表しています。
SHARPのブースにはTOSHIBA dynabookも展示されたようです。
筆者はソニーとSHARPのスマホを持っていますが、買い替えはこのOLEDモデルをよく調べてから検討しようと考えています。

IFA2018 テレビ
20世紀FOX・パナソニック・サムスンが協力して「HDR 10+」対応モデルが発表されました。
この「HDR 10+」規格は2018年モデルに搭載される計画なのだそうです。
サムスンは他にも有機ELの8K対応モデル「QOLED 8K」を発表しました。
テレビについては2018年12月1日から4K・8K放送が始まっており、筆者も気になります。

IFA2018 パソコン
レノボはThink Pad X1シリーズとYOGA Bookの新シリーズを発表しました。
中でもThink Padは4Kディスプレイ仕様のモデルが発表されました。
4Kディスプレイは以前にはNECでもLAVIEの最上位機種に4Kディスプレイのモデルが発売されていました。
残念ながら最近ではその機種の後継機はNECから発売されなくなっています。
実際使うとなると電池持ちがやはり4Kディスプレイモデルの課題で、ノートPCにとっての電池持ちは大きな課題ではないかと筆者は考えています。

IFA2018 CPU
インテルはIFA2018で第8世代CoreiシリーズのCPUとして、Whiskey LakeとAmber Lakeを発表しました。
Whiskey Lakeは14nm++、Amber Lakeは14nmのプロセスルールとなっているそうです。

IFA2018では重要な新製品の発表が目白押しでした。
他にも気になる製品やメーカーがあれば是非調べてチェックしてみることをオススメします。

詳しく見る

移動状況の将来とスマホとサービスについて2019.02.08 ブログ


(画像、イメージ)

MaaSとは
「MaaSとは「モビリティ・アズ・ア・サービス」という英語の頭文字の略です。
意味は「サービスとしてのモビリティ」です。
個人所有の交通手段から、サービスとしての消費されるモビリティソリューションへの移行を表しています。」
(「」、MaaS Wikipediaより引用)

モビリティとは日本語で移動状況を意味します。
ソリューションとは解決という意味です。
日本では個人所有の交通手段のほうがいまだに主流のように感じます。
日本では移動に関するサービスとキャッシュレス決済の普及が遅れている面があります。
海外では移動に関するアプリやサービスがすでに流行していて、日本では、電子決済などのキャッシュレス決済とMaaSのサービスがいまだに未開拓の状況です。
電子決済でも、MaaSでも鍵となるデバイス端末はスマホであると考えられます。
2018年12月からスマホを使った電子決済は普及推進のための大胆なポイント還元キャンペーンが行われています。
消費の正確なデータを集めるためには、スマホなどによる電子決済のほうが有効です。
スマホを安全に使うために指紋認証や顔認証などの個人認証機能は各種スマホに搭載されており、スマホはこれからのいろいろなサービスを受けるのに欠かせない存在であるようです。

支払いのかたちとサービスの普及の歯車が回れば、消費のかたちも変われる可能性が生まれるのかもしれません。
海外でスタートして普及しているMaaSなどの移動サービスが、安全なPayのかたちが普及してから後に入ってくることが考えられます。
そうして改めて考えてみると、海外で始まっているアプリやサービスやイノベーションを日本でもうまく普及させ、歯車を回せることができないか相当に経営者側は頭を悩ませ、考えてくれているのではないかと想像されます。

スマホ決済によるポイント還元のキャンペーンはそうした経営者の方々の未来のビジョンと願いと期待が込められているのではないかと考えられます。
身近なものが繋がりあって経済の歯車が回るように、そうした経済のかたちがこれからスマホなど端末をキーデバイスとして、環境が造りかえられていくかもしれません。

詳しく見る

通信5G・クルマ向け電子部品・半導体・素材に期待2019.02.01 ブログ


(画像、電子基板、イメージ)

村田製作所はiPhoneなどスマホ向けに積層セラミックコンデンサなどを生産しています。
電子部品はこれからの自動車の電動化や自動運転などに欠かせない存在であることが想定されるので、今後ものづくりでは将来に期待できる分野ではないかと考えられます。
新聞のインタビューで村田製作所の村田社長は全固体電池製品やメトロサークという独自の樹脂多層基板の自社製品を打ち出すことに言及しており、注目です。
村田製作所はスマホ製品への自社製品の納品だけでなく、これからを見据えて5Gなどの通信や電動車に注力しようとしていく方針のようです。

クルマの電装化で今後好況が期待できるのは日本の電子部品・半導体・素材などのメーカーの製品ではないかと考えられます。
今まで製造・生産してきた専門製品がクルマの電装化の流れにのってクルマの中に製品が進出するということは、本当に大きな商機であると考えられます。
日本の製造の世界では「自前主義」という言葉がありました。
自前主義の言葉の意味は自社の資源や技術だけを用いて製品をつくるという考え方です。
しかし、生活で・仕事で欠かせない今活躍している製品たちのものづくりは、もうすでに自前主義だけの考え方では成り立たなくなってきています。
アメリカの大手IT機器メーカーは製品のデザイン・設計を手がけ、受託生産してくれる企業に製造・生産を依頼・注文して自社製品を生み出しています。

ソフトバンクグループが買収したイギリスのARMホールディングスという会社は、グループ内のARM Ltdにより「ARMアーキテクチャ」と呼ばれるマイクロプロセッサなどのプロセッサを設計する仕事をしています。
アーキテクチャとは日本語では主に「設計」という意味の言葉です。
ARMはスマートフォンなど電子機器で大きく活躍してきています。
独自設計をして、ライセンス提供するというARM Ltdの仕事の手法は進んでいると感じられます。

愛知県はトヨタ自動車をはじめ、自動車製造関連の製造メーカーが多いです。
未来の自動車の製品の中で活躍する製品がより1つでも多くなっていくことを期待している次第です。

詳しく見る

CASEについて2019.01.25 ブログ


(画像、イメージ)

CASEとは
CASEとは次世代の車のビジョンのキーワードの頭文字をとって呼称する語です。
CはConnected Car「コネクテッドカー」、AはAutonomous「自動運転」、
SはSharing「共同所有」、EはElectricity「電動化」のそれぞれの頭文字をとって、
CASEと言います。
CASEはこれからの経済・産業の重要なキーワードの1つになるかもしれません。

筆者は日本国内で限って考えると、次世代の車については電動化、それから自動運転、コネクテッド化、そして共同所有という順に進んでいくのではないかと考えています。
CASEの実現の順序については諸説いろいろあります。
電動化と自動運転には高度な頭脳を搭載した電動車というかたちでセットで開発が進んでいくのではないかと筆者は考えています。
そしてそれに通信が加わってもよい水準に達した時、コネクテッド化が自然なかたちで機能の中に入ってくるのではないか、そして安全や様々な条件が満たされれば、共同所有もありえる話になってくるのではないかと考えています。

次世代の車のCASEの実現は実際は国によって順序に違いが出てくる気がします。
車のビジネスとしてはトヨタのように2018年からコネクテッド化された自動車の販売を開始しているケースもありますし、日本以外の他国ではシェアリングのサービスでサービスを拡大・成長させている企業もあります。

筆者が上記のように次世代の車について日本国内でのCASE実現の順序を考えたのは、日本は特殊な移動のサービスが定着している国という感じがするからです。
電車・バス・タクシー、どれも揺さぶられないように生き残ってきている交通サービスが日本にはあります。
そうした交通機能と普通の自動車の移動、モビリティの世界の次世代を考えると、特に日本の場合ではそれぞれの交通機関や機能が守られたまま、テクノロジーや個々の仕様が新たにされていくかたちで循環し、好結果をもたらしていくのが望ましいのかもしれないと筆者は感じています。

筆者は日本に住んで、移動して、働いて、帰ってきて、休んで、暮らしていて、そういうことを考え・感じています。

詳しく見る

Apple Special Eventをライブで観て 2 ニューヨーク2019.01.18 ブログ


(画像、ニューヨークの街の風景)

筆者は10月末にニューヨークで開催されたApple Special Eventをストリーミングで見ました。
プレゼンテーションはMacBook AirとiPad Pro、それからMac miniの紹介でした。
筆者の友人はMacBookかMacBook Airのいずれかを購入すると言っていたので筆者も気になってイベントのプレゼンテーションを視聴しました。

目を見張る進化
MacBook Airと11インチ・12.9インチのiPad Proはグラフィックス性能がさらに進化しました。
MacBook Airはグラフィックス解像度が2560×1600です。
CPUは2コアのインテル第8世代Corei5、1.6GHzとなっています。
ボディは100%リサイクルのアルミニウムを使用しているそうです。
RAMメモリはオプションで最大16GBにカスタマイズ可能です。
ストレージは128GB、256GB、512GB、1.5TBどちらかをカスタマイズして購入することができます。
カラーは3色から選択可能です。

12.9インチiPad Proはグラフィックス解像度が2732×2048、
11インチiPad Proは解像度2388×1668となっています。
新iPad ProはどちらもCPUがApple A12Xとなっています。
OSは最新のiPhone機種と新iPadはiOS12となっています。
Late2018の新iPad Pro2種はいずれも顔認証(Face ID)になっています。

Mac miniも久々に更新され、最新の構成の新製品が紹介されました。
RAMメモリが標準で8GB、オプションで16GB、32GB、最大64GBまで搭載可能で、
CPUはインテル第8世代6コアCorei5(3.0GHz)か4コアCorei3(3.6GHz)もしくは、オプションで6コアCorei7(3.2GHz)を選択可能となっています。

Apple Special Eventは2018年は2回開催されました。
1回目は2018年9月13日(日本時間)アメリカ・カリフォルニアのApple本社内のスティーブ・ジョブズシアターで、2回目は2018年10月30日(日本時間)アメリカ・ニューヨークで開催されました。

詳しく見る

Apple Special Eventをライブで観て 1 カリフォルニア2019.01.11 ブログ


(画像、アップルパーク)

2018年9月13日午前2時からアップル社のApple Special Eventがスティーブ・ジョブズシアターで開催されまし
た。
筆者はライブストリーミングでMacBook Proで観ました。
筆者はテクノロジーに詳しいわけではないので、大まかにライブストリーミングで観た英語の発表の印象をざっ
くり書いてみようと思います。

メインのプレゼンテーション・発表の中身は、第4世代新アップルウォッチと新iPhoneの3モデル、iPhoneXS、
iPhoneXS Max、iPhone XRの発表とそれらの発売日の発表でした。
新型iPhoneのシリーズのモデルの中にはストレージが最大512GBのモデルも発売されることになりました。
筆者の15.4インチMacBook Pro2018年モデルは上位機種の標準品でストレージ512GBです。
iPhoneのストレージ512GBのモデルも発売とのことで、iPhoneに対するアップルの注力はすごいと思いました。

上記の3種のiPhone新シリーズは7nmのプロセスルールでできた新型プロセッサA12 Bionicが搭載されています。
パソコンに搭載されているインテル製のCPUは現在10nmで開発中なので、7nmのプロセスルールのチップを製造・
開発・搭載と聞いた時点で高いテクノロジーであることが伝わってきました。

カメラもiPhoneXSはデュアルカメラの仕様モデルになっていて、技術的に背景の「Bokehボケ」の写真と背景の
「Bokehボケ」を修正する操作も可能で、端末を使って実演してくれました。
プレゼンテーションで使われた被写体背景の「Bokehボケ」という言葉はおそらく日本語の「ボケ」から来てい
る言葉ではないかと考えられます。
プロセッサも4コアのCPU、6コアのGPUの組み合わせとなっており、アプリケーションの動作も30%高速化された
そうです。

iPhoneXRはプレゼンテーションのライブストリーミングを観ていると、豊富なカラーバリエーションのラインナ
ップが用意されているようです。
よりお洒落を楽しみたいユーザーにとっては注目すべき点かと思います。

ちなみに新MacOS モハーヴェは9月24日(アメリカ現地時間)、日本は25日にリリースされるとプレゼンテーシ
ョンの最後に発表されました。

詳しく見る

NECのノートパソコン2018年秋冬モデル2019.01.04 ブログ


(画像、イメージ)

2018年10月18日、10月25日にNECのノートパソコン2018年秋冬モデルが発売されました。
上位機種、LAVIE Note NEXT NX850/LA、NX750/LAシリーズが2018年10月18日、
モバイルノート、LAVIE Hybrid ZERO HZ750/LA、HZ550/LA、HZ500/LAシリーズが2018年10月25日に発売されました。
上記のシリーズは標準品が家電店に展示・販売されているので、筆者も1度チェックしたいと考えています。

LAVIEのHybrid ZEROは久しぶりの新モデルのリリースで筆者は注目しました。
カラーバリエーションがメテオグレー・フレアゴールド・インディゴブルーの3色となっています。
スペックとしてはモバイルノートでインテル第8世代4コア/8スレッドのCorei7CPU搭載で魅力です。
下位機種は世界最軽量769g、上位機種は831gとなっています。
CPU・RAMメモリ・ストレージはネット直販で各種カスタマイズ可能です。
インディゴブルーは新しいカラーバリエーションで筆者も惹かれています。
筆者は持ち歩きのモバイルノートWindows機は現在Windows8.1の製品を使用しています。
そろそろWindwos機のモバイルノートを買い替えようかと考えています。

上位機種のLAVIE Note NEXT NX850/LAはCPUがインテル第8世代Corei7-8750H搭載で6コア、
NX750/LAはCPUがインテル第8世代Corei7-8550U搭載で4コアとなっています。
NX850/LAのストレージの構成はHDD約1TB+SSD(PCle)128GB、
NX750/LAはHDD約1TB+インテルOptaneメモリーを搭載しています。
カスタマイズで各種選択可能でRAMメモリも最大32GBまで選択可能です。

筆者はWindows機ではNECのノートPCが好きです。
筆者が感じるNEC機の個性・魅力は「なんともいえない日本語入力のしやすさ」があると感じています。
据え置きの15.6インチのWindowsのメイン機は筆者は2009年から代々ずっとNEC製品を使っています。

NECの2018年秋冬モデル発売で持ち歩き向けのHybrid ZEROの上位機種・カスタマイズ機は筆者には魅力に感じました。
筆者としては2018年12月の4K・8Kテレビ放送開始のリズムに合わせて、4Kノートパソコンなど製品のグラフィックス性能を高めた製品もリリースしていってほしいと考えます。

詳しく見る