既成製品からのリバースエンジニアリング

既成製品からのリバースエンジニアリングを行う際には、以下の注意点を考慮する必要があります:

1. 法的問題

  • 知的財産権の侵害: 特許、著作権、商標などの知的財産権を侵害しないよう注意が必要です。特にソフトウェアの場合、逆コンパイルや逆アセンブルが法的に制限されていることがあります。
  • ライセンス契約: 製品に付随するライセンス契約をよく確認し、リバースエンジニアリングが契約違反にならないようにする必要があります。

2. 技術的問題

  • 複雑さ: 製品の複雑さによって、リバースエンジニアリングの難易度が大きく変わります。ハードウェアやソフトウェアの構造を理解するために高度な知識が必要です。
  • ツールの選定: 適切なリバースエンジニアリングツールを選ぶことが重要です。ツールの選定によって作業効率や結果の正確さが左右されます。

3. 倫理的問題

  • 意図と目的: リバースエンジニアリングの目的が正当であるかどうかを自問自答する必要があります。不正な目的での使用は倫理的に問題があります。
  • オープンソースコミュニティへの貢献: 結果をオープンソースコミュニティと共有することで、他の開発者に利益をもたらすことができます。

4. セキュリティリスク

  • セキュリティの脆弱性: リバースエンジニアリングの過程で製品のセキュリティ脆弱性が見つかることがあります。この情報を適切に扱い、悪用しないようにする必要があります。

5. 実務上の問題

  • ドキュメント作成: 作業の過程や結果を詳細にドキュメント化することで、後の検証や改善が容易になります。
  • プロジェクト管理: リバースエンジニアリングプロジェクトを適切に管理し、スケジュールやリソースを効果的に配分することが重要です。

リバースエンジニアリングは、技術的なスキルだけでなく法的、倫理的な視点からも注意深く行う必要があります。


 

既成製品から金型設計用に利用の場合

点群から作成したCAD面を参照してCADモデリング。

変形、歪みなどの修正、平面・垂直・R・円・角・フレットなどは数値入力で定義。

金型用のCAD製品モデルとして利用。

以前に製造された製品の再製作に多いケースとして、図面やCADデータがなく、金型の再製作が出来ない場合、
実物をスキャンして3D-CADデータを生成するリバースエンジニアリング。

最近では製品を X線CT装置の利用も多くなり、対象物を壊したり切断したりすることなく、
製品透過データを得る ことのできるX線CTが利用されています。

製品の内部検査や、X線CTデータをCADデータのポリゴン面、サーフェス面  を作成することで、
内部形状の リバースモデルの作成が可能になります。

<事例>内部構造が複雑な部品、ターボファン、インペラ羽根など

 

トップページ