サーフェス面の構成は

◆UとVという方向性のある面、縦糸横糸を連想させる構造(アイソライン)の面

◆ 稜線のないすべての面が繋がっている面

◆ポイントデータに忠実のため、形状の細かい変化も追随して作成されます。

◆ ポイントデータからの面のため容量は多くなります。

◆ リバースエンジニアリングのサーフェスはポイントデータからの面のため構造解析に適しています。

3Dスキャンデータ
ポリゴンデータ
ポイント面
ナーバス面

リバースエンジニアリングのサーフェス面は、ポイントから出来る NURBS面が基本となります。NURBS は非均一有理 B スプライン (Non-UniformRational B-Splines)の頭字語で、ジオメトリ タイプの 1 種です。制御点 Pi とノットと呼ばれるパラメータによって定義される曲線からできている面です。

 

最小数のカーブをスムースに使用してサーフェスを構築するため、あらゆる有機 3D 形態を構築するのに使用します。スキャンデータで採取したポイントを結んだ面データになるため、現物形状のデータ化に適したCAD面データになります。