バルブのCTスキャン

事例紹介

バルブのリバースエンジニアリング

 ■バルブの形状の変化により、どのように内部の流れが変わるか、流路の開閉による流れ場への影響を評価をシミュレート用データ。
 ■施設や装置のスペックに合わせて設定・仕様される、水素燃料電池自動車用バルブ等の開発や宇宙開発用バルブ機器の国産化など
 ■試作品、モックアップ等のデータ取り、中子製作用のデータ取り、複雑な形状の外側・内側のデータ採取にX線CTスキャンの利用。

バルブのリバースエンジニアリングCADモデルデータ作成

 ■X線CTスキャンで採取した点群データから、特徴線を抽出、CADモデリング機能で三次元CADモデルを作成します。
 ■バルブの現物から3次元CADデータを作成、各種CADで使用可能な、IGES、X_B、STEPで提供します。
 ■サイズ、目的等によりX線CTスキャン装置を選択 <225kV出力 CT装置、450kV出力 CT装置、6MV出力 CT装置>

 

 ■ボールバルブ、バタフライバルブ、グローブバルブ、ゲートバルブ、チャッキバルブ等リバースエンジニアリング

お問い合せはこちら

0532-55-0007

お問い合せ

会社概要

社名 アポロ株式会社
住所 〒440-0806 愛知県豊橋市八町通五丁目11番地
事業内容 リバースエンジニアリング、3Dスキャン、3Dデジタイジング、3D-CAD