プラスチック部品のCTスキャン

事例紹介

プラスチック部品のリバースエンジニアリング

 ■精密プラスチック部品は、3次元自由曲面設計を基本、金型の自由曲線形状と微細成形技術で製作。
 ■樹脂を溶融する溶融樹脂の流動挙動を解析して、プラスチック部品およ. び射出成形用金型の設計を最適化
 ■生産が終了した製品や部品の復刻データ、既製品の3Dスキャンで3D-CADデータ化作成。

プラスチック部品のリバースエンジニアリングCADモデルデータ作成

 ■X線CTスキャンで採取した点群データから、特徴線を抽出、CADモデリング機能で三次元CADモデルを作成します。
 ■プラスチック部品の現物から3次元CADデータを作成、各種CADで使用可能な、IGES、X_B、STEPで提供します。
 ■材質、サイズ、目的等によりX線CTスキャン装置を選択 <225kV出力 CT装置、450kV出力 CT装置、6MV出力 CT装置>

 

 ■家電製品、AV機器、自動車部品、文房具、光学、医療、デジカメ部品、ギヤ部品、リバースエンジニアリングの3D-CAD作成。

お問い合せはこちら

0532-55-0007

お問い合せ

会社概要

社名 アポロ株式会社
住所 〒440-0806 愛知県豊橋市八町通五丁目11番地
事業内容 リバースエンジニアリング、3Dスキャン、3Dデジタイジング、3D-CAD