精密機械部品のCTスキャン

事例紹介

精密機械部品のリバースエンジニアリング

 ■微細な部品で構成された精密機械、複雑精妙な機械装置、機械的誤差に許容範囲を定めている機械。
 ■デジタル化による細部まで高精密に表現可能。 3Dスキャンで新たな製品・サービスの設計に役立てる。
 ■3Dスキャンデータ処理技術; 産業用X線CTの画像処理技術; スキャンデータによる製品評価技術。

精密機械部品のリバースエンジニアリングCADモデルデータ作成

 ■X線CTスキャンで採取した点群データから、特徴線を抽出、CADモデリング機能で三次元CADモデルを作成します。
 ■精密機械部品の現物から3次元CADデータを作成、各種CADで使用可能な、IGES、X_B、STEPで提供します。
 ■材質、サイズ、目的等によりX線CTスキャン装置を選択 <225kV出力 CT装置、450kV出力 CT装置、6MV出力 CT装置>

 

 ■高度な精密さが必要とされる機械。工作機械・光学機械・測定計器、リバースエンジニアリングの3D-CAD作成。

お問い合せはこちら

0532-55-0007

お問い合せ

会社概要

社名 アポロ株式会社
住所 〒440-0806 愛知県豊橋市八町通五丁目11番地
事業内容 リバースエンジニアリング、3Dスキャン、3Dデジタイジング、3D-CAD