X線CT式3Dスキャン

1、X線CT式3Dスキャン

物体の内部を可視化内部構造まで3次元CAD化
対象物のサイズ、材質等によりCT装置を選択

225kV出力 CT装置
■プラスチック、ゴム、樹脂類  250㎜×250㎜
■アルミニウム等軽金属    φ120㎜以下
■鋳造品、鋳鉄、スチール   φ10㎜~20㎜以下
■20μm (0.02) CADモデリング50μ(0.05)

450kV出力 CT装置
■プラスチック、ゴム、樹脂類  450㎜×800㎜
■アルミニウム等軽金属   φ200㎜以下
■鋳造品、鋳鉄、スチール   φ40㎜~50㎜以下
■20μm (0.02) CADモデリング50μ(0.05)

600kV出力 CT装置
■プラスチック、ゴム、樹脂類  300㎜×300㎜
■アルミニウム等軽金属   φ200㎜以下
■鋳造品、鋳鉄、スチール   φ200以下
■20μm (0.02) CADモデリング50μ(0.05)

2、採取データから三次元CAD作成

■点群データからポリゴンメッシュ作成
■ポリゴンメッシュから三次元CAD作成
■三次元CADモデリング、リバースモデルデータ作成
■サーフェス及びソリッドデータ作成
■データ出力  IGES  Solid  STEP  STL

3、X線CT利用したリバースエンジニアリング

■密封された既存製品の再三次元CAD化によるリバースエンジニアリング
■精密プラスチック部品のリバースエンジニアリングのCADモデル
■精密ステンレス部品のリバースエンジニアリングのCADモデル
■精密鋳造部品のリバースエンジニアリングのCADモデル
■複雑なメカニズムのリバースエンジニアリングのCADデータ
■CADの設計図面との形状比較評価三次元CADデータ
■プラスチック製または金属製部品の欠損分析
■製品内部の寸法精度や欠陥などを非破壊で確認

関連ページ <内部形状をCAD化

お問い合せはこちら

0532-55-0007

お問い合せ

会社概要

社名 アポロ株式会社
住所 〒440-0806 愛知県豊橋市八町通五丁目11番地
事業内容 リバースエンジニアリング、3Dスキャン、3Dデジタイジング、3D-CAD