リバースエンジニアリングデータは製品解析に利用できます。

サービス紹介

製品解析は、安全性対応や高品質化を目的として利用されています。自動車、機械、電機、精密機器、重工業、などさまざまな製造業分野
において行われます。解析のソフトウエアを使用するには製品の現物の形状モデルが必要りなります。スキャンからリバースモデル作成、
リバースエンジニアリングのCADデータは、製品の調査、検査、視察、査察、製品の不具合の調査潜在的な問題発見等に利用できます。

非接触光学式3次元デジタイザ 表面形状の採取

X線CT装置3次元デジタイザ 表面形状と内面形状の採取

採取データから3D-CADデータ作成
A、点群データ(採取データ)    B、ポリゴンデータ作成     C、精度を確認      D、3DCADモデリング

オート面は、スキャンデータで採取したポイント(座標点群)をで結び、ソフトウェアの計算にて忠実にCAD面を作成します。対象物の
変形もそのまま再現します。形状の検査、解析等に利用されます。オート面は、滑らかな曲線の自由曲線(スプライン、ベジェ)で構成
しています、円弧、真円、稜線などがないため、型製作用としては不向きです。細かい面の集合体等でデータ容量が大い問題があります。

<A>3Dスキャンデータ <B>ポイントを結びナーバス 面をソフトの計算で作成 <C>稜線、円、フィレット部分も細かい面で構成
<D>形状に沿った3D面完成 基本的にはサーフェス面で作成、面密封してソリッド作成。 出力データ形式 IGES X_B STEP

モデル面は、3Dスキャンデータで採取した3Dデータから、専用ソフトウェアにて特徴線等を抽出し、CADモデリング(可視化)します。

<A>3Dスキャンデータ <B>ポイントからポリゴンメッシュ作成 <C>ライン、面等を抽出、ワイヤーフレーム、ラインを利用して
押し出し、回転、フィレット、フィーチャー等のモデリング機能でCAD作成 <D>出力、3Dデータ形式、IGES、Solid STEP STL、

関連ページ サーフェス>  <サーフェスの構成> <サーフェス製品解析
ソリッドモデル> <ソリッドモデルの構成> <ソリッド製品解析

お問い合せはこちら

0532-55-0007

お問い合せ

会社概要

社名 アポロ株式会社
住所 〒440-0806 愛知県豊橋市八町通五丁目11番地
事業内容 リバースエンジニアリング、3Dスキャン、3Dデジタイジング、3D-CAD