金型設計用

サービス紹介

金型の現物のスキャンからリバースエンジニアリングデータ作成、既存製品からCAD作成、手作業で修正され金型のフィードバック、
3次元CADを用いた3Dリバースエンジニアリングモデル、デジタルデータは金型や各種試験、数値シミュレーション等に貢献できます。

修正金型のリバースエンジニアリング
プレス金型、トライで試し打ち検証で不具合修正で肉盛り溶接など手修正したプレス金型、2番型用金型データのフィードバックに利用。
自由曲線、自由曲面、自由形状等が多いナーバス面、寸法を測定するのはなかなか困難ワークでも3Dスキャンで3D-CAD化できます。

<A>修正したプレス金型 <B>スキャンデータ <C>ポリゴンデータ作成 <D>3D-CAD化、金型設計に利用できます。

2番型、更新型用のリバースエンジニアリング
3Dスキャンデータからパラメータ化されたCADモデルを作成。押出しや、ボス、回転スウィーブ、ロフト等のスタンダードソリッド&
曲面モデリング、インターフェース的に通常のCADに近い類似なモデリング機能でリバースエンジニアリングデータ過程を支援します。

<A>3Dスキャンデータ正確にキャップチャー <B>ポリゴンメッシュのクリーンアップ <C>自由曲面とモデル面併用 <D>完成

既成品からののリバースエンジニアリング
既製品をスキャンしてCADデータを作成、図面などがない製品の製作に貢献できます。リバースエンジニアリングを活用して開発にかかる
コストと時間を抑え新製品開発に利用できます。既製品から開発工程をさか登る「逆行工学」法律上でも合法な製造方法とされています。

<A>既製品のバルブ<B>X線CTスキャンシステム <C>CTスキャンデータ <D>データから3D-CADモデリング、CAD出力対応

関連ページ
金型リバースエンジニアリング> <修正された金型> <アナログをデジタルに
実物からCADデータ作成> <CAD化> <CADモデリング
自由曲線とは> <ソリッド面> <ファイル形式><各種変換

お問い合せはこちら

0532-55-0007

お問い合せ

会社概要

社名 アポロ株式会社
住所 〒440-0806 愛知県豊橋市八町通五丁目11番地
事業内容 リバースエンジニアリング、3Dスキャン、3Dデジタイジング、3D-CAD