ガスについて

ガスについて

アメリカと中国、メタン排出削減の共同宣言
2021年11月、COP26でアメリカと中国が地球温暖化ガスであるメタンの排出削減の共同宣言を発表しました。
両国の協調は久しくみられなかったため驚きをもって報じられました。
地球温暖化ガス排出削減に向けて避けては通れない道を協調して歩むようです。

メタンについて
「メタンは化学式がCH4です。
メタンは油田やガス田から採掘されます。
エネルギー源として有用な、天然ガスの主成分がメタンとなります。
20世紀末以降の代替エネルギーとしてバイオガスやメタンハイドレートが新エネルギーとして注目されています。」
(「」メタン Wikipediaより引用)

バイオガスについて
「バイオガスはバイオ燃料の一種です。
生物の排泄物、有機質肥料、生分解性物質、汚泥、汚水、ごみ、エネルギー作物などの発酵、嫌気性消化により発生するガスのことをいいます。
サトウキビや下水処理場の活性汚泥などを利用して、気密性の高い発酵槽(タンク)で生産されます。
メタンと二酸化炭素が主成分になります。
発生したメタンをそのまま利用したり、燃焼させて電力などのエネルギーを得たりします。
バイオガスは非枯渇性の再生可能資源であり、下水処理場などから発生する未利用ガスなども利用が期待されています。
日本ガス協会もバイオガス利用促進センターを設置し、バイオガス利用促進の取り組みを行っています。
国や自治体が化石燃料や都市ガス電力に炭素税を課税する義務がありますが、
バイオガスは化石燃料とは異なりカーボンニュートラルであるため非課税になる可能性があります。」
(「」バイオガス Wikipediaより引用)

メタンハイドレートについて
「メタンハイドレートとは低温かつ高圧の条件下でメタン分子が水分子に囲まれた、網状の結晶構造をもつ包接水和物の個体です。
包接水和物とはハイドレートとも呼ばれます。
水素結合による水分子のかご状構造の中に他の物質の分子が入り込んだものをいいます。
およその比重は0.9g/cm3であり、堆積物に固着して海底に大量に埋蔵されています。
メタンは、石油や石炭に比べ燃焼時の二酸化炭素排出量がおよそ半分であるため、地球温暖化対策としても有効な新エネルギー源であるとされます。
しかし、メタンハイドレートは現時点では商業化されていません。
化石燃料の一種であるため、再生可能エネルギーには含まれません。
メタン水和物とも呼ばれます。」
(「」メタンハイドレート Wikipediaより引用)

参考事例一覧へ >

お問い合せはこちら

0532-55-0007

お問い合せ

会社概要

社名 アポロ株式会社
住所 〒440-0806 愛知県豊橋市八町通五丁目11番地
事業内容 リバースエンジニアリング、3Dスキャン、3Dデジタイジング、3D-CAD