レジ袋有料化始まる

レジ袋有料化始まる

2020年7月1日からコンビニやスーパーなど店舗でレジ袋の有料化がスタートしています。
だいたい1袋あたり3~5円となっているようです。
買い物の度に3~5円負担するかどうか問われるわけですから小さなことですが大きな一歩であり取り組みであると考えられます。
背景には国際的にプラスチックごみや地球温暖化などの環境問題があげられます。
国際的な環境問題解決につながる具体例としてプラスチックごみの減量化、
生分解性の環境を害しない素材でできた包装や袋などを求める声が上がってきています。
レジ袋の有料化はそうした環境意識を起こすきっかけになりそうです。
今後エコバックやマイレジかごなどで持ち帰ることが普通になるかもしれません。
エコバックやマイレジかごなどは他にも毎回使う度に清潔にして新型コロナウィルス対策をすることが大事になります。

ストローも紙製などに
プラスチックごみの環境問題に配慮してプラスチック製のストローを紙素材などに代替する動きもあります。
生分解性の代替素材の研究開発も進んでいます。
食の衛生環境の基準をクリアする新しい素材での包装が今後求められてきそうです。

環境を意識した取り組みは今後さらに進みそうです。
また、これからは環境に配慮した取り組みによって投資を得られるかが関わってきそうでもあります。
そういった先進的な取り組みを評価をして投資をする投資家の方々が増えてきているからです。
ものづくりも環境・環境問題の課題解決を意識して取り組まざるを得ない状況となってきています。

再生紙を活用した包装紙材や郵便物、大豆インクなどものづくりの使われる素材の改革は身近なところで進んでいます。
遠い未来には環境により優しいもので身のまわりのものができているようにしていくことが望ましいのかもしれません。
理想と現実の課題・問題は尽きませんが、SDGsなど国際的な呼びかけ・理想的な目標を果たす取り組みが、
より知恵のある賢い人々によって具体的に進むことが期待されます。

参考事例一覧へ >

お問い合せはこちら

0532-55-0007

お問い合せ

会社概要

社名 アポロ株式会社
住所 〒440-0806 愛知県豊橋市八町通五丁目11番地
事業内容 リバースエンジニアリング、3Dスキャン、3Dデジタイジング、3D-CAD