2019.09.06中国のクルマ・クルマの開発環境、NEV規制について

(画像、トヨタのRAV4)

NEVとは
NEVとは、New Energy Vehicleという英語の頭文字の略称です。
日本語では新エネルギー車といいます。
NEV規制とは生産・輸入台数の10%分をNEVクレジットとしてクルマ製造メーカーに義務付ける中国政府の規制です。
新エネルギー車の導入に積極的なのは中国と欧州の国などです。
NEV導入が国策で推進させている中国の自動車市場は、今現在もそしてこれからも世界の一大EV電気自動車市場となっています。
景気減速といわれている中国市場ですが、国内の政策の工夫によって、2019年後半からは持ち直すのではないかと予測する経済の専門家の方もいます。
NEV規制など、政策によってEV電気自動車の生産と販売が促進されている中国の自動車市場は、後の世界のEV市場のシェアの業績にも関わってくるとメーカー側も見込んでいる経営者も多く、注目です。

SUVを売りにする自動車メーカー
「SUVとは、Sport Utility Vehicleという英語の頭文字の略称です。
自動車の形態の1つで、日本語では「スポーツ用多目的車」と呼ばれています。」
(「」、SUV Wikipediaより引用)
近況としては中国や北米など海外で、SUVの車種が人気です。
中国の上海国際自動車ショーでも自動車大手メーカーの現地の若者に人気のあるSUV車種の新製品が披露されました。
トヨタ自動車もNY国際自動車ショーで新型のSUVを披露しました。
日本でも、国内でSUVの車種RAV4の新型モデルが発表されています。

電気自動車は、今の状況だと、中国が普及促進・開発・実験・生産供給の舞台になるといわれています。
トヨタ自動車も中国に最初にEV電気自動車をリリースする計画となっているようです。
トヨタ自動車は中国、上海の国際自動車ショーでCH-RとイゾアというSUV車種のEV電気自動車製品を展示しています。

ものづくりではアメリカのシリコンバレーだけではなく、中国のシンセンも、ものづくり・製造の開発の拠点となっています。
あらゆるものを組み合わせて製品化する環境が中国でもすでにできています。