始まっているサーキュラーエコノミー化

始まっているサーキュラーエコノミー化


サーキュラーエコノミーとは
「サーキュラーエコノミーは、EUが2015年12月に製作パッケージを公表したことで世界的に広まった概念です。
和訳して「循環経済」とも呼びます。
製品、素材、資源の価値を可能な限り長く保全・維持し、廃棄物の発生を最小限化する経済システムを意味します。
これまでの一方通行でモノを使う「直線経済」からの脱却を目指します。
3R(Reduce減らす、Reuse繰り返し使う、Recycle再資源化する)や循環型社会と類するものの、
シェアリング、リース、リユース、リペア、リファーピッシュ、リサイクルのビジネスモデルに重点を置くなど、産業政策の側面も強いです。
持続可能で低炭素かつ資源効率的で競争力のある経済への転換に貢献するものとされます。」

法的な定義
「EUでの法律上の定義は必ずしも明確でなく、関連文書での必ずしも統一されていない文書から理解するしかなかったですが、
2020年の持続可能な投資における規則のなかで、次のように定義がされました。

「製品、素材、資源の価値を可能な限り長く保全・維持し、
生産と消費における資源の効率的な利用を促進することによって資源利用に伴う環境影響を低減し、
廃棄物の発生ならびに有害物質の環境中への放出を最小限にする経済システム。
3R対策の優先順位を適用することを含む。」」
(「」、サーキュラーエコノミー 法的な定義 Wikipediaより引用)

目下サーキュラーエコノミーで技術的に充実が図られているのは特にプラスチック素材なのではないかと考えられます。
プラスチックは、たくさん消費され、使われて廃棄される印象がまだあります。
日本の企業でもいち早く取り扱う素材・材料のサーキュラーエコノミー化に技術的に取り組むメーカーが現れています。
炭素繊維強化プラスチックなど、特にリサイクルが難しいとされた素材・材料も再資源化の手法が見つかって、
サーキュラーエコノミー化が進もうとしています。

参考事例一覧へ >

お問い合せはこちら

0532-55-0007

お問い合せ

会社概要

社名 アポロ株式会社
住所 〒440-0806 愛知県豊橋市八町通五丁目11番地
事業内容 リバースエンジニアリング、3Dスキャン、3Dデジタイジング、3D-CAD