工作機械の進む先

工作機械の進む先

工作機械と一言で言っても現代・現在では多種多様な製品があります。
中国では日本の大手の工作機械メーカーが拠点を設けて、各顧客製造メーカーに合った製品を開発し提供しているようです。
昔は単純なものであった工作機械は、今では多種多様で、ディープな世界となっています。
生き残りに向けた自社の強みについては、多様なアプローチで開拓が進んでいるようです。

自社の強み開拓の策のまず1つは、シンプルに熟練工の技術の伝承、技術者の技能の教育です。
他方では、5G通信技術などを基盤とした自動化された工作機械の技術開発と普及です。
新聞を読んでいると、今の時代にこの両方が求められているのかということを感じます。
また、工作機械メーカーと顧客製造メーカーとのオーダーメイドの各工作機械製品の供給がもっとも核になっている仕事でもあると考えられます。
この核となっている工作機械の供給のための営業には専門的な知識も場合によっては要求されてきているのではないかと考えられます。

ものづくりでは自動化・省人化が技術的に開発が進むことが予測されます。
そうなってくると司令塔となる人の指示や操作・コミュニケーションなどが維持・運営に大きく影響が現れ出てくることが考えられます。
熟練工の技術もまず当面は生き残っていくとも考えられます。
工作機械のものづくりに関して、今想像してみると、前後想をしっかりと持って歩みを進めることが大切なのではないかと筆者は考えます。
例えば、熟練工の技術が強みなら、それを生かすかたちの中身の仕事をなんとかして創造し続けることでしょう。
自動化・通信プログラム制御の工作機械技術を強みにするのであれば、それは適切な規模や価格・維持運営費などが求められてくるのではないでしょうか。
全自動化の工業技術が急に、すべての熟練工の技術を受け持つことはまだ完全に想定されてはいないのではないかと考えられます。
ただ、自動制御の技術者が機械の技術水準を熟練工並みやそれ以上を志して仕事することは十分想定され得るとも考えられます。
世の中では矛盾がつきものですが、1つ1つ前進・進歩をより遂げたものが矛盾を超える答えや製品を打ち出して進歩していくものでもあるかもしれません。
人の手やあらゆる機械・機器などを通してかたちを変えて、あらゆるものづくりの伝承が今後もうまくいくことを願っています。

参考事例一覧へ >

お問い合せはこちら

0532-55-0007

お問い合せ

会社概要

社名 アポロ株式会社
住所 〒440-0806 愛知県豊橋市八町通五丁目11番地
事業内容 リバースエンジニアリング、3Dスキャン、3Dデジタイジング、3D-CAD