新しい太陽電池

新しい太陽電池

ペロブスカイト太陽電池について
「ペロブスカイト電池(Perovskite Solar Cell、PSC)はペロブスカイト結晶を用いた太陽電池です。
色素増感太陽電池の一種でペロブスカイト型では、従来の色素の代わりにペロブスカイト材料を用い、
正孔(ホール)輸送材料(Hole Transporter Material、HTM)としてのヨウ素溶液の代わりに、
Spiro-OMeTADなどを使用します。

研究開発
2009年にハロゲン化鉛系ペロブスカイトを利用した太陽電池が桐蔭横浜大学の宮坂力氏らによって開発されました。
2009年のエネルギー変換効率はCH3NH3PbI3を用いたものでは3.9%でした。
変換効率の向上スピードと低コスト製造の観点から、将来的な商用太陽電池として注目されています。
ハライド系有機ー無機ペロブスカイト半導体(CH3NH3PbI3)は、2009年に初めて太陽電池材料として報告された材料です。
印刷技術によって製造できるため、低価格化が期待されます。
環境低負担に対する研究も進んでおり、2017年10月5日理化学研究所がスパコン「京」を用いた材料スクリーニングで、
鉛を用いない51個の低毒性元素だけからなるペロブスカイト太陽電池の候補化合物を発見しています。」
(「」ペロブスカイト太陽電池、 研究開発、Wikipediaより引用)

再生可能エネルギーは日本政府によると2050年までに電源構成の50~60%のシェアを目標としていくことが報じられています。
その中で新しい次世代の太陽電池として実際にペロブスカイト太陽電池の実用化に向けた研究開発の支援が求められていたりしています。
上記のように印刷技術で製造可能なこと、低毒性元素だけからなる候補化合物の発見など、
低コスト、高エネルギー変換効率が期待され、注目され研究者によって研究開発が進んでいます。
また、政府はクルマを2030年半ばまでに電動車に切り替える政策方針を表明しています。
自動車を電動車に大幅に切り替える際に実際問題となるのがエネルギーつまり電力の供給源が何であるかであろうと考えられます。
日本は今のところ火力発電に傾いているため、再生可能エネルギーの生産量、効率、コストの現実面を大幅に改革していくことが急務となりそうです。
その中で新しい太陽電池としてペロブスカイト太陽電池が期待され注目されています。

参考事例一覧へ >

お問い合せはこちら

0532-55-0007

お問い合せ

会社概要

社名 アポロ株式会社
住所 〒440-0806 愛知県豊橋市八町通五丁目11番地
事業内容 リバースエンジニアリング、3Dスキャン、3Dデジタイジング、3D-CAD