2019.02.08移動状況の将来とスマホとサービスについて


(画像、イメージ)

MaaSとは
「MaaSとは「モビリティ・アズ・ア・サービス」という英語の頭文字の略です。
意味は「サービスとしてのモビリティ」です。
個人所有の交通手段から、サービスとしての消費されるモビリティソリューションへの移行を表しています。」
(「」、MaaS Wikipediaより引用)

モビリティとは日本語で移動状況を意味します。
ソリューションとは解決という意味です。
日本では個人所有の交通手段のほうがいまだに主流のように感じます。
日本では移動に関するサービスとキャッシュレス決済の普及が遅れている面があります。
海外では移動に関するアプリやサービスがすでに流行していて、日本では、電子決済などのキャッシュレス決済とMaaSのサービスがいまだに未開拓の状況です。
電子決済でも、MaaSでも鍵となるデバイス端末はスマホであると考えられます。
2018年12月からスマホを使った電子決済は普及推進のための大胆なポイント還元キャンペーンが行われています。
消費の正確なデータを集めるためには、スマホなどによる電子決済のほうが有効です。
スマホを安全に使うために指紋認証や顔認証などの個人認証機能は各種スマホに搭載されており、スマホはこれからのいろいろなサービスを受けるのに欠かせない存在であるようです。

支払いのかたちとサービスの普及の歯車が回れば、消費のかたちも変われる可能性が生まれるのかもしれません。
海外でスタートして普及しているMaaSなどの移動サービスが、安全なPayのかたちが普及してから後に入ってくることが考えられます。
そうして改めて考えてみると、海外で始まっているアプリやサービスやイノベーションを日本でもうまく普及させ、歯車を回せることができないか相当に経営者側は頭を悩ませ、考えてくれているのではないかと想像されます。

スマホ決済によるポイント還元のキャンペーンはそうした経営者の方々の未来のビジョンと願いと期待が込められているのではないかと考えられます。
身近なものが繋がりあって経済の歯車が回るように、そうした経済のかたちがこれからスマホなど端末をキーデバイスとして、環境が造りかえられていくかもしれません。