DXデジタルトランスフォーメーション

DXデジタルトランスフォーメーション


新聞でも「DXデジタルトランスフォーメーション」という言葉が多く採り上げられています。
ものづくりの現場での直近の掲げられている目標の1つのようです。
素材製造の現場ではAIをプログラミング言語で活用するようなデータサイエンティストが
職人技術並みの製造開発の成果を上げ始めているといいます。
この事例で考えてみると、まず素材の製造現場で知っているノウハウがあってこその、
AIとそれを働かせるプログラミング言語活用という筋道が見えてきます。

DXデジタルトランスフォーメーションとは
「デジタルトランスフォーメーション(英語で「Digital transformation DX)とは、
「ITの浸透が、人々の生活をあらゆる面でより良い方向に変化させる」という概念です。
デジタルシフトも同様の意味です。2004年にスウェーデンのウメオ大学のエリック・ストルターマン教授が提唱したとされています。
ビジネス用語としては定義・解釈が多義的ではあるものの、
おおむね「企業がテクノロジーを利用して事業の業績や対象範囲を根底から変化させる」という意味合いで用いられています。」
(「」、DX Wikipediaより引用)

上記の素材製造現場での一例は、
AIを制御して使いこなす
AIの活用に必要なプログラミング言語を書く
そして現場も知っている人材がデジタルトランスフォーメーションを実現しようとしている
というものです。

考えられることはコラボレーションがうまくかみ合っていないと、
データサイエンスと現場そして製品という成果が従来の時間より早く生まれてこないということです。
AIとプログラミング言語の熟達者だけが必ずしもDXデジタルトランスフォーメーションを製造現場で成功させてくれるとは限らないということも言えるかもしれません。
実現したい目標や改善したい各技術が想定して思い描けていないとコラボレーションがマッチしないということかもしれません。
このことを上記の事例からふと思い浮かべました。
職人や熟練工の技術者はよい翻訳者を得ないか、または自分自身で描かなければ、専門的な分野でそれぞれDXを成功させることは難しいかもしれません。

ただ、進んだメーカーはもうすでに進んだことをはじめており、はじまっているのだから
この時、時代、世代に生きている当事者の方たちは学ばざるを得ないということなのかもしれません。

参考事例一覧へ >

お問い合せはこちら

0532-55-0007

お問い合せ

会社概要

社名 アポロ株式会社
住所 〒440-0806 愛知県豊橋市八町通五丁目11番地
事業内容 リバースエンジニアリング、3Dスキャン、3Dデジタイジング、3D-CAD