2019.01.04NECのノートパソコン2018年秋冬モデル


(画像、イメージ)

2018年10月18日、10月25日にNECのノートパソコン2018年秋冬モデルが発売されました。
上位機種、LAVIE Note NEXT NX850/LA、NX750/LAシリーズが2018年10月18日、
モバイルノート、LAVIE Hybrid ZERO HZ750/LA、HZ550/LA、HZ500/LAシリーズが2018年10月25日に発売されました。
上記のシリーズは標準品が家電店に展示・販売されているので、筆者も1度チェックしたいと考えています。

LAVIEのHybrid ZEROは久しぶりの新モデルのリリースで筆者は注目しました。
カラーバリエーションがメテオグレー・フレアゴールド・インディゴブルーの3色となっています。
スペックとしてはモバイルノートでインテル第8世代4コア/8スレッドのCorei7CPU搭載で魅力です。
下位機種は世界最軽量769g、上位機種は831gとなっています。
CPU・RAMメモリ・ストレージはネット直販で各種カスタマイズ可能です。
インディゴブルーは新しいカラーバリエーションで筆者も惹かれています。
筆者は持ち歩きのモバイルノートWindows機は現在Windows8.1の製品を使用しています。
そろそろWindwos機のモバイルノートを買い替えようかと考えています。

上位機種のLAVIE Note NEXT NX850/LAはCPUがインテル第8世代Corei7-8750H搭載で6コア、
NX750/LAはCPUがインテル第8世代Corei7-8550U搭載で4コアとなっています。
NX850/LAのストレージの構成はHDD約1TB+SSD(PCle)128GB、
NX750/LAはHDD約1TB+インテルOptaneメモリーを搭載しています。
カスタマイズで各種選択可能でRAMメモリも最大32GBまで選択可能です。

筆者はWindows機ではNECのノートPCが好きです。
筆者が感じるNEC機の個性・魅力は「なんともいえない日本語入力のしやすさ」があると感じています。
据え置きの15.6インチのWindowsのメイン機は筆者は2009年から代々ずっとNEC製品を使っています。

NECの2018年秋冬モデル発売で持ち歩き向けのHybrid ZEROの上位機種・カスタマイズ機は筆者には魅力に感じました。
筆者としては2018年12月の4K・8Kテレビ放送開始のリズムに合わせて、4Kノートパソコンなど製品のグラフィックス性能を高めた製品もリリースしていってほしいと考えます。