<事例>X線CT式スキャン-01

タービンブレード

噴流の持続的な生成にガスタービン、先端金属合金の鋳造品等で作られている。強度が高く、超高温度下での耐性や、耐腐食性などを備えている。ブレードの幾何形状の形状解析、エネルギー変換効率の解析等に利用されています。
複雑なブレードをCTスキャン⇒コンピュータ断層撮影法で再構成処理⇒3次元CAD作成

インペラ羽根

羽根車をケーシング内で回転させ、内側の気体や液体を動かし液体にエネルギーを与える。インペラ バランス修正、送風機 羽根の破壊試験: 送風機の羽根の破壊試験等で利用されます。
重なり合う羽根をCTスキャン⇒三次元座標測定用ソフトウェア⇒3次元CAD出力

ターボファン

高速回転するローターブレードの軸受, 軸推力バランス、力学的機能の解析、流体解析と機構解析、内部流れの特徴と数値解析、液体ターボポンプ流れ解析シミュレーション等に利用されます。
ステンレス製の部品をCTスキャン⇒非破壊で、試料の内部構造や欠陥形状などの確認

油圧バルブ

作動油によりシリンダーに荷重をかけ流量を制御する機器。複雑なメカニズムを正確に分析、 FEM解析(有限要素法解析)流量解析をすることにより、圧力のかかり具合や、リバースエンジニアリング技術がひずみを事前に把握流体解析技術が駆使されている。
油圧バルブをCTスキャン⇒作動油の流れ方向を制御するバルブ内部を3次元CAD化

排気筒

排出ガスを浄化するための触. 媒が必須の部品のリバースエンジニアリング、排ガス処理装置、触媒燃焼排液処理装置、voc処理装置、濃縮式処理装置直接燃焼装置等の解析に利用されます。
密封された排気筒ろCTスキャン⇒内部形状の仕切りを迷路を3次元CAD化

 

事例-02ページへ

お問い合せはこちら

0532-55-0007

お問い合せ

会社概要

社名 アポロ株式会社
住所 〒440-0806 愛知県豊橋市八町通五丁目11番地
事業内容 リバースエンジニアリング、3Dスキャン、3Dデジタイジング、3D-CAD