3Dスキャンの利用は

◆図面化できない形状を工業モデルで作成 工業モデルをスキャニング、CAD化して設計にフィドバック。

◆手作業で修正したアナログ型をデジタル化、更新型、2番型、増産型、修正型等の再製作に利用。

◆モックアップモデル、機能確認モデル、デザイン承認モデル等の3DCAD設計。

◆3DスキャンからのCADデータの再現精度は精度0.05から0.1範囲。形状で変動します。

◆新製品の研究開発 ・ 商品開発 ・ 技術開発 ・ 設計した製品の性能試験 ・ 他社製品との比較

<3Dスキャンの事例>
プレス金型、ブロー成形型、ゴム金型、ガラス型

ウレタン注型、樹脂製品、バルブ製品、鋳物部品、鍛造部品

リバースモデルの活用

◆2番型作成のためのプレス金型のリバースエンジニアリング ◆荒加工のための鋳型デジタイジング ◆流体シミュレーションにおけるデジタイジング ◆古代遺跡ブロンズ像の復元デジタイジング ◆デザインクレイモデルのデジタイジング ◆組み付け確認のための航空機部品のデジタイジング ◆タービンブレードのリバースエンジニアリング◆デジタルモックアップのためのリバースエンジニアリング ◆衝突事件車両のデジタイジング ◆樹脂製品のリバースモデル作成 ◆鉄道車両のデジタイジング ◆キャラクター製品のデジタイジング etc.