リバースエンジニアリング技術

事例紹介

順送プレス製品のリバースエンジニアリング>量産試作金型でプレスした温間順送複合プレス加工製品の現物をスキャンからCAD
データを作成、成形シミュレーションなどの解析に利用。しわや割れなどの不具合を調べる。複雑な形状のため,形状評価の課題解決
順送プレス製品を3Dスキャン点群データポリゴンデータ点群との精度をリヤルタイムに確認しながらCADモデリング、完成

プレス金型のリバースエンジニアリング>金型の補修・修正で溶接、肉盛り溶接、ろう付け補修やチュウニングで修正・調整された
金型をデータ化することにより、2番型、更新型利用できます。金型データを保存することにより海外工場の複製型が可能になります。
プレス金型3Dスキャン点群データポリゴンデータ点群との精度をリヤルタイムに確認しながらCADモデリングデータ完成

インペラ羽根のリバースエンジニアリング>インペラ羽根の現物形状をCAD化、有限要素法による振動解析と遠心力による応力
解析等の解析に利用。羽根の回転で軸を中心にブレずに回転することを確認。重量バランス均等解析。流体と軸動力とのエネルギー
インペラ羽根をスキャン点群データポリゴンデータ点群との精度をリヤルタイムに確認しながらCADモデリングデータ完成

スマートフォンのリバースエンジニアリング>筐体内部に隙間なく部品が詰るため、はめ込み部品のスペース確認。自然対流での熱
逃げシミュレーション解析。3D-CADを用いた製品・設備の機構・筐体設計、冶具設計、構造、強度、評価等に利用されています。
インペラ羽根をスキャン点群データポリゴンデータ点群との精度をリヤルタイムに確認しながらCADモデリングデータ完成

排気管のリバースエンジニアリング>X線CTスキャンで密封された排気管の内部・外部の形状データを採取、開発の先行検討 車両
全体予測を行うために解析プロセスに利用。排出ガスによる熱影響や低騒音化を向上させるための解析。実機での空燃比インバランス
排気管をCTスキャン点群データポリゴンデータ点群との精度をリヤルタイムに確認しながらCADモデリングデータ完成

クレイモデルのリバースエンジニアリング>デジタル全盛の時代の現在においてもデザイナーが思い描いたイメージを立体にするこ
とで、デザインの立体確認、使い勝手などさまざまな要素をアナログで検討できます。完全なデザインモデルの数値化及びCAD化
クレイモデルスキャン点群データポリゴンデータ点群との精度をリヤルタイムに確認しながらCADモデリングデータ完成

<事例 、次のページに進みます>

お問い合せはこちら

0532-55-0007

お問い合せ

会社概要

社名 アポロ株式会社
住所 〒440-0806 愛知県豊橋市八町通五丁目11番地
事業内容 リバースエンジニアリング、3Dスキャン、3Dデジタイジング、3D-CAD